HOME > レビュー > 試さないのはもったいない、SOUNDPEATS「Air3-Deluxe HS」はお手頃価格の高音質完全ワイヤレスだ

VGP2023で金賞受賞

試さないのはもったいない、SOUNDPEATS「Air3-Deluxe HS」はお手頃価格の高音質完全ワイヤレスだ

2022/11/28 鴻池賢三
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
高コスパの完全ワイヤレスイヤホンで人気のブランドが、SOUNDPEATS(サウンドピーツ)だ。同社は1万円以下で手に取りやすい価格ながらも、高品質の製品を送り出している。そのクオリティは高く評価され、これまでオーディオビジュアルアワード「VGP」でも多くの金賞を獲得してきた。本稿ではVGP2023で金賞を獲得した最新モデル「Air3-Deluxe HS」の実力に迫る。

SOUNDPEATS「Air3-Deluxe HS」

高音質とコスパを両立



完全ワイヤレスイヤホンが主流となって久しい。当初はケーブルに煩わされない使い勝手の良さや未来感がウケた反面、音途切れやバッテリー持ち時間の短さといった弱点があったのも事実。その後、技術改善によって欠点らしい欠点はなくなり、今やイヤホンの定番といって良いだろう。

そんな完全ワイヤレスイヤホンだが、現在では製品の幅も広がり、予算やこだわりに応じてピッタリの1台が選べるようになった。どの製品も基本性能が一定水準に達したいま、狙いを絞るなら、より音楽を楽しくする「さらなる高音質」と、堅実でお得感の高い「コストパフォーマンス」の2点が鍵になるだろう。

SOUNDPEATS「Air3-Deluxe HS」

この記事で紹介する、SOUNDPEATSの「Air3-Deluxe HS」は、まさに、その代表格といえるモデル。「LDAC対応」「ハイレゾ高音質」を謳う最新製品でありながら、Amazonで約7,000円で手に入るというお手頃価格を実現している。



人気機能を抜かりなく搭載、LDACでハイレゾ再生も



本機の特徴は、BluetoothのコーデックとしてLDACをサポートし、日本オーディオ協会が規定する「Hi-Res Wireless」ロゴを掲示する「ハイレゾ対応」製品であること。LDACの他にも、iPhoneでお馴染みのAACと、当然ながらSBCにも対応しているので、接続相手を選ばない。

イヤホンの形状は俗に「うどん型」とも呼ばれるステムタイプ。装着方法はインイヤータイプで、カナル型のように、ノズル先端およびイヤーチップを耳穴に深く押し込むのが苦手なユーザーに向いている。着脱が比較的容易なのも、特徴といって良いだろう。

イヤホンの形状はステムタイプ。インイヤータイプなので密閉感も少ない

バッテリーの持ち時間は、イヤホン単体だと最大約5時間再生で、充電ケースもあわせると最大約20時間。スペック欄にはLDAC接続時の記載が無いが、一般的にはざっくり半分くらいになる。LDACだと短くなるのは、SBCに対してLDAC(音質優先)のビットレートが約3倍にあたる990kbpsと高いためで、他のモデルも同様だ。

そのほか、大口径のφ14.2mmダイナミックドライバー、片側あたり2基のマイクを搭載して環境ノイズを低減するマイク機能、10バンドイコライザーを搭載するアプリ「SOUNDPEATS」、ゲームや動画視聴時に有用な60ms(0.06秒)の低遅延モード、IPX4準拠の防水機能(イヤホン本体)など、人気機能を網羅している。

大口径のφ14.2mmダイナミックドライバーを搭載

軽くて自然、負担感のない装着感



充電ケースはコンパクトかつ薄型で、ジーンズのポケットにも納めやすい。またしっかりと塗装された艶有仕上げで、「ピアノブラック」といった印象。塗装無しで樹脂そのもののモデルと比べると、ひと手間かけた感がある。

本体はピアノブラックのような光沢仕上げ

イヤホン本体は無塗装だが、指先の皮脂が付いても目立たず、滑りにくいという点では好都合。こうした適材適所の仕様は、イヤホンを作り慣れた大手メーカーと思える部分だ。イヤホンを取り出すと、ステムの先端に充電用の接点(銀色)が見えるが、あえて大き目にしてデザインの一部になっている。接点が大きいと、充電器側の端子との接触も確実で、実用面でも安心できる。

イヤホン本体はマット調で、油汚れなど目立たないのもメリット

耳に装着すると、ノズル部の先端が耳穴に導かれ、耳の窪みにもやさしくフィットする。片側4gと軽量設計で、装着による負担感もない。カナル型とは異なり、周囲の音をピタッと遮断しないのも、違和感や負担感を覚えない理由だろう。

次ページLDAC接続時の音質は “別世界”、ハイレゾ再生でチェック!

1 2 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE