HOME > レビュー > VGPゲーミング大賞受賞!コルセア「Virtuoso RGB Wireless XT」は空間表現が優秀な“遊べる”ヘッドセットだ

【PR】兄弟モデル「HS80 RGB WIRELESS」もチェック

VGPゲーミング大賞受賞!コルセア「Virtuoso RGB Wireless XT」は空間表現が優秀な“遊べる”ヘッドセットだ

2021/12/20 折原 一也
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

そして、Virtuoso RGB Wireless XTの一際ユニークな特徴が、「異なる2つの方法で同時接続」という機能の存在だ。試しにPS5とUSB接続しつつスマホとBluetooth接続すると、あっさり両方の音がミックスされ流れ始める。ゲームをプレイしながらスマホで音楽やゲームの実況を流したり、スマホの通話アプリをボイチャ代わりにしたりと、一般的な他のゲーミングヘッドホンではありえない使い方も可能になる。なお、SLIPSTREAM WIRELESSとUSB接続の組み合わせのみ、同時接続ができない点にだけは注意が必要だ。

Virtuoso RGB Wireless XTはプレミアムなゲーミングヘッドセットとして、高品位なサウンドと快適な装着性とともに、接続性でも”遊べる”。改めて、そんな観点からVGP2022で『ゲーミング大賞』として評価されたモデルなのだ。

さらに手軽な使い勝手の兄弟分「HS80 RGB WIRELESS」

Virtuoso RGB Wireless XTと同時期に発売された、ワイヤレス対応ゲーミングヘッドセットの弟分モデルが「HS80 RGB WIRELESS」だ。USBドングルによる超低遅延のワイヤレス技術通信技術SLIPSTREAM WIRELESSと、最大96kHz/24bitのUSB接続も可能なモデル。こちらもWindows PC/Xboxとの接続時にはDolby Atmos for Headphonesアプリを併用し、Dolby Atmosコンテンツを手軽に楽しむことができる。

「HS80 RGB WIRELESS」

ドライバーユニットは50mmのネオジムドライバーを搭載ながら、こちらは蒸れにくい布製イヤーパッドを採用。バンドには調整機能がなく、装着時に構造的に頭にフィットする形となるフローティングヘッドバンドの採用など、よりシンプルな形状が特徴。本体重量は367gで、しっかりとフィットするタイプ。マイクは無指向性で、こちらは取り外しはできないがフリップアップによるミュートも可能だ。

マイクは上げるだけでミュートされる

PS5の『原神』と『Apex Legends』をプレイしてみると、空間志向なのはVirtuoso RGB Wireless XTと共通だが、より低音のパワーと音の深みを重視したようなサウンド。アクションゲームの効果音や爆音、密度感をしっかりと再現してくれる。なお、USB接続とSLIPSTREAM WIRELESS接続を聴き比べても、サウンドは同傾向で、遅延の差も体感できないくらいに優秀だ。

自然と頭にフィットする「フローティングヘッドバンド」や肉厚かつ蒸れにくい布製イヤーパッドで安定性も充分

HS80 RGB WIRELESSはゲーマーにとって重要な低遅延を有線のUSB接続、ワイヤレスのSLIPSTREAM WIRELESSともにしっかりカバーしながら、よりエンタメ志向のサウンドとフィット感を実現している。手軽で快適に扱えるゲーミングヘッドセットを探している人におすすめだ。
(協力:リンクスインターナショナル)

前へ 1 2 3

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック: