HOME > ニュース > Bang & Olufsen、ワイヤレスゲーミングヘッドホン「Beoplay Portal」にPC/PlayStation向けモデル

オリジナルドングルを付属

Bang & Olufsen、ワイヤレスゲーミングヘッドホン「Beoplay Portal」にPC/PlayStation向けモデル

2022/02/17 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
Bang & Olufsenは、ゲーミングヘッドホン「Beoplay Portal PC PS」を本日2月17日より発売開始した。価格は59,900円(税込)。カラーはBlack Anthracite、Grey Mistが先行発売され 、4月11日にNavyの追加発売を予定する。

「Beoplay Portal PC PS。 Navyカラーは後日発売を予定

Xbox向け技術を搭載したANCゲーミングヘッドホン「Beoplay Portal」をベースに、PCおよびPlayStation向けのオリジナルドングルを付属し、低遅延のワイヤレス接続を可能とするモデル。ネオジム磁石を使用した40mmドライバーを搭載し、エンターテインメントコンテンツに最適化したチューニングを施したという。

ワイヤレスドングルを付属

新世代アダプティブ・アクティブ・ノイズキャンセレーション技術を採用し、騒音に邪魔されずコンテンツに没入可能。Bang & Olufsenアプリケーションから、ノイズキャンセリングや通話レベルの調整、ゲーミング/映画/音楽に適したサウンドモード設定が行える。

同梱のドングルを使用することで、2.4GHzのワイヤレス接続でPCやPlayStationなどと接続できる。バッテリー駆動時間はBeoplay Portalから向上し、Bluetoothとアクティブノイズキャンセリングを使用した場合で最大42時間、専用ドングルを使用した場合は最大19時間の連続使用を実現する。

装着イメージ

本体に4つのマイクを内蔵し、ビームフォーミング技術の活用により、ブームマイクを装備しないシンプルなデザインを実現した。両側のイヤーカップはダブルタップ操作でマイクのミュートや音楽の再生/停止、着信応答が可能。左右のタッチバーからは、ボリューム調整、ANC・透過性モードの切り替えなどが行える。

ラムスキン素材に包まれたメモリー形状のイヤーパッドは、クッション下部に厚みをもたせ、ユーザーの頭と耳の形にフィットさせる仕様で密閉性を高めた。ヘッドバンドの内側には、頭頂部の圧迫感を和らげるオフセットパッドを採用。このパッドは、耐久性と通気性に優れた竹繊維のテキスタイルで覆われている。質量は279g。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク