音に有害な高周波ノイズを吸い上げる

【AAEx2020 グランプリ受賞】音に有害な高周波ノイズを吸い上げる ―The Chord Company「Ground ARAY」

林 正儀

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年11月21日
日本のオーディオファンの間でも高い知名度を誇る英国のケーブルブランド、コード・カンパニー。だが同社から登場する今年いちばんの話題作はケーブルではなかった。その名は「GroundARAY(グラウンドアレイ)」。同社がケーブル開発において、長年にわたり重視してきた高周波ノイズ意対策に完全決着をつけるべく登場したアイテムである。使用方法は空き端子に差すだけ。端子の仕様も7種類が用意され、あらゆるニーズに対応できるようになっている。

その音質効果の大きさは早くも認めらるところとなり、本年度の「オーディオアクセサリー銘機賞2020」では見事頂点にあたる「グランプリ」を受賞した。この「グラウンドアレイ」とは一体どんな製品で、どんな効果があるのか?林 正儀氏をはじめとした6人の審査員がその魅力を語る。


The Chord Company「Ground ARAY」\88,000(1個・税別) ※実際の製品は写真と少し異なる場合あり

■通称は“ノイズ・ポンプ" 空き端子に装着するのみ TEXT/林 正儀

英コードカンパニーの「グラウンドアレイ」について『アナログ64号』でも予告したが、いよいよラインアップが揃い、製品として発売されることとなった。本製品は、同社の独自技術であるチューンドアレイを組み込んだ、とてつもなく高性能な、通称“ノイズ・ポンプ"と呼ばれるノイズ吸収プラグだ。使用方法は簡単で、機器の空き端子に装着するのみ。それだけで絶大な効果を発揮するのだ。

この「グラウンドアレイ」が栄えある「オーディオアクセサリー銘機賞2020」の最高栄誉である「グランプリ」に輝いた。一体どんな発明なのか?開発にいたる経緯やこのアイテム自体について、同社のアラン・ギブ社長から解説文が届いたので、参考にしながら話を進めよう。

■ノイズは外部だけではない。機器の内部にも存在する

コードカンパニーが長年にわたり、高周波ノイズの研究を進めてきたのはご存知だろう。同社は音楽・映像信号への高周波ノイズが与える影響について、世界に先駆けて発見したケーブルメーカーなのだ。どんなケーブルでも、機器につないだと同時にアンテナとしてノイズを拾ってしまう危険性も発生する。ノイズにも色々あって、普通にノイズとして聴こえるものは気が付きやすい。例えば「ブ〜ン」というハムノイズ(低周波ノイズ)を消せば気持ちよく音楽が再生できることは、特にレコードリスナーなら知っているはずだ。

だが近年急激に進歩しているデジタルの世界は、これまでにないタイプのノイズをもたらした。それが、可聴帯域をはるかに越えた高周波数ノイズである。これはハムノイズ以上にやっかいな存在で、大きな歪みを引き起こし、音楽情報を損傷しているのだ。この低周波と高周波の両方にノイズを防ぐシールド設計をしているのがコード社のケーブルなのである。

私たちの身のまわりはまさに高周波ノイズだらけ。Wi-Fi、Bluetooth、4Gや5Gの回線、LEDの照明機器、スイッチング電源などなど、ノイズを発生させるものが数え切れないほど存在する。だがもっと困るのは、発生源が実はオーディオ/映像機器の内部にも存在するということである。動作することによりノイズが発生し、しかもそれが自身だけでなく他の機器にも電源やアースを介して互いに影響を与えることを知ってほしい。

■ケーブルの最新技術を応用。ノイズ対策プラグとは別物

2012年、コード社はその高周波ノイズを取り除くための糸口を見出した。同社のシールドケーブルでこそ実現できる技術であり、これを「チューンドアレイ」と命名した。今回の「グラウンドアレイ」はこの「チューンドアレイ」のノウハウを、異なるノイズ対策の製品として開発したものだ。この長い歴史からしても、近ごろ登場しているあれこれのノイズ対策プラグとは全くの別物と言えるだろう。2017年にはより効果的な次世代のアレイ技術の開発に着手。2年の歳月を経て、この「グラウンドアレイ」が誕生したわけである。

■熟練エンジニアが手がけ7種類の仕様が揃う

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事