NR1608との違いも確認

マランツ「NR1200」は“音のレベルが違う”新コンセプトHiFiアンプ。その実力を徹底チェック!

逆木 一

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年10月21日
マランツの新コンセプトHiFiアンプ「NR1200」がいよいよ発売開始された。HDMI入力を5系統搭載しながら搭載するアンプを2chとし、ハイファイ音質を両立させた同モデルの実力を、評論家の逆木一氏がチェックした。

逆木一氏が自宅でNR1200の音質をチェックした

■AVアンプとは「そもそもの出発点が違う」新コンセプト機の実力は?

CDも、音楽ストリーミングサービスも、そして映像コンテンツもいい音で楽しみたい。そんな要望を持った人に、ぜひおすすめしたい製品がある。マランツの薄型AVアンプ「NR1710」だ。AVアンプとして最新の映像・音声仕様を備え、D&M独自のネットワークモジュール「HEOS」により、各種ストリーミングサービスやネットワークオ再生機能にも対応。搭載する7chアンプはすべてディスクリートアンプで、「妥協なき薄型AVアンプ」と呼ぶにふさわしい。筆者自身、以前のモデルである「NR1608」をデスクトップ環境/ゲームシアター用に導入して愛用している。

NR1200(左)とNR1608(右)

ただし、NR1710はステレオ再生も当然可能とはいえ、製品カテゴリー的には「AVアンプ」である。サラウンド環境の構築を志向せず、スピーカーが2本あれば十分と考える人に対しては、まだまだ訴求しきれていなかった感は否めない。

そこでマランツは、新たに「NR1200」を登場させた。NR1710と同様の筐体/デザイン/機能を持つ一方、2chの再生に特化した「HiFiステレオアンプ」である。マランツはデジタル入力を備えたHiFiアンプをラインナップしており、その意味では以前から映像機器との組み合わせが可能だったが、NR1200はHDMI入出力を備えたことで、リビングのコントロールセンターとしての機能を一気に拡充した。

さて、ここで思い浮かぶのが、「NR1200とはつまるところ、NR1710から5ch分のアンプを省いたモデルではないのか?」という疑問である。答えはもちろん否である。NR1200はまず「HiFiアンプ」という基本があり、そこに映像入力を含む多機能を実現するために、NR1710の筐体構造やHDMIセレクターが利用された、という理解が正しい。

結果的に、製品としては立ち位置が重なるNR1200とNR1710だが、「そもそもの出発点が違う」ということは覚えておきたい。たとえ、ほぼ同様の機能を持ち、どちらも「リビングの生活を豊かにする」というコンセプトを持っているとしても、NR1710はAVアンプとして誕生し、NR1200はHiFiアンプとして誕生したのである。

実際、核となるDAC部、プリアンプ、パワーアンプ、電源部はNR1200のための新規設計。ダブル・ディファレンシャル構成のDAC部やシンメトリカル・レイアウト・パワーアンプなど、AVアンプとは一線を画す内容となっている。

高音質パーツの選定までこだわったフルディスクリートのパワーアンプを搭載

コンデンサーの種類や定数も、サウンドマネージャーが試聴を繰り返して厳選したという

この記事では筆者所有のNR1608との比較を踏まえながら、NR1200の機能や音質を検証していく。

■初期設定はピュアオーディオ初心者でも安心

NR1200とNR1608を並べてみると、同じ構造の筐体を採用しているということがよくわかる。もっとも、操作ボタンやノブ類が違うため、受ける印象は結構違う。

「出てくる音のレベルが違う」

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事