ホームシアターCHANNEL 連携企画「シアターインテリア探検隊!」第4回

イケアで見つけた「映画館気分をアゲる照明アイテム」3選!

ホームシアターファイルPLUS編集部:塚田真由子
2019年08月22日
■照明でシアターの雰囲気を演出しよう

ワンランク上の快適なホームシアターを楽しむためのインテリアをご紹介する連載「シアターインテリア探検隊!」。第4回目は、2回目3回目に引き続いて、スウェーデン生まれの大手家具量販店「Ikea(イケア)」を探訪する“イケア編”をお届けします。イケア編最後となる第4回目では、リビングシアターの心地よさや機能性を高める照明アイテムをご紹介します。

第2、3回目に引き続き、IKEA Tokyo-Bayのローカル・マーケティング・マネージャー、山下貴之さんにご案内いただきました。IKEA Tokyo-Bay 1階の照明コーナーには、スマホやリモコンにリンクさせて照明を点けたり、明るさを調整したりできる「スマート照明」が大々的に展示されていました

リビングは住まいのなかでもっとも過ごす時間が長く、用途もさまざま。何か作業するには十分な明るさにでき、映画を観る際は照明を暗くするなど、シーンに合わせて照明を使い分けたり、光の色を変えられたりできれば素敵ですよね。賃貸や既存物件でもすぐに取り入れられる照明のラインアップが豊富なイケアなら、そんな夢も手軽に実現できます!

スマート照明「TRÅDFRI/トロードフリ」シリーズのコーナーには、さまざまなタイプのLED電球が展示されていました。回し込み型のE16、E17、差し込み型のGU10などのさまざまな口金のほか、1000lm、980lm、950lm、400lmと輝度も複数用意されています。また、色温度を変えられないタイプもあるため、選ぶ際には注意しましょう


■目の疲れを和らげる間接照明

テレビシアターに活用したいのが、LEDスティックライト「LEDBERG/レードベリ」。シアターで映画を観る際、部屋全体を真っ暗にせず、テレビ背面の照明を残すことで、テレビ画面との輝度差を緩和され、目が疲れにくくなります。LEDBERGはスティック状のLEDモジュールが3本入っており、直線上につなげて使用できます(最大3本まで)。細長いタイプの照明なので、テレビの背面などの狭い場所などにも最適。テレビまわりが柔らかく照らされていると、温かみのある空間になりますね。

「LEDBERG レードベリ LED スティックライト、ホワイト」 \1,999(税込) <塚田真由子の一言> テレビ背面を照らし、画面と壁の明るさの差を小さくすることで、目の疲れも軽減します。テレビ背面の壁にアクセントクロスなどを貼れば、照明がクロスの質感を浮き上がらせ、よりドラマティックな空間になるでしょう


設置方法は簡単で、付属の両面テープかネジで取り付けるだけ。写真のようにテレビに貼るだけでなく、テレビ背面のテレビボードの上に置いてもよいでしょう

配線工事不要で調光できる
手頃な価格で照明をスマート化

>>気になる記事の続きは「ホームシアターCHANNEL」で!

関連記事