[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第234回】FOSTEXの完全ワイヤレスイヤホン?レシーバー?「TM2」を徹底検証!

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2019年07月27日
完全ワイヤレスイヤホンにして完全ワイヤレス化レシーバー!

FOSTEX「TM2」はそれ単体で完結する完全ワイヤレスイヤホンであり、様々なイヤホンの完全ワイヤレス化を実現するTWSレシーバーでもある。3万円弱という価格はTWSとしてはハイエンドクラスだが、特に後者の役割を担える製品は現時点では希少だ。

発売開始直後の品薄も解消され、現在は買うと決めたらすぐに買える状況になった今、いよいよ本格的な検討を始めている方もいらっしゃるのでは?というわけで、そんなタイミングで本連載でもしっかりチェック!まずはTM2の基本ポイントから写真でおさらいしていこう。

というわけでFOSTEX「TM2」だ!

大容量収納部に注目!レシーバー部分のマグネット固定も抜け目なし!


ケースを閉じた状態。単体写真だとサイズ感はわかりにくいかもしれないが……後述

こちらがTM2の…なんというか、本体?


レシーバー部分とイヤホン部分を各リケーブル端子対応の「着脱式フレキシブル・ショート・ケーブル」でつなぐ構造

付属/別売オプションで用意されているフレキシブル・ショート・ケーブルの左からFitEar 2pin、カスタムIEM 2pin、MMCXを使うことで…


様々なイヤホンを完全ワイヤレス化!こちらの組み合わせ例はShure SE535

組み合わせ例。final E5000、FAudio Major、FitEar EST Universal

着脱式フレキシブル・ショート・ケーブルはMMCXタイプが標準付属。CIEM 2pinタイプとFitEar2pinタイプは別売オプション。レシーバーとショート・ケーブルの接続部分は半埋め込みのような凹凸形状にされていて、接続した際にぐらぐらしない。端子への物理的な負荷の低減、雨の侵入防止などに効果がありそうだ。

リモコン操作は、
●物理マルチボタンで操作
「一度押し/再生・停止」「二度押し/次の曲へスキップ」「三度押し/前の曲に戻る」
●タッチセンサーの上下スライドで音量調整

とわかりやすい分担になっている。左右どちらでも同じ操作ができるのもわかりやすい。

対抗コーデックはSBC/AAC/aptX。iPhoneでもAndroidでも問題ない。あえて気になるところといえば、充電用USBがmicroBなのは少し残念というくらいだろうか。

さて、次からはTM2のより詳細なポイントを紹介していこう。まずチェックするのはケースだ!

どんなイヤホンを接続しても収納可能?!な余裕のサイズ感

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事