本体の連続再生時間は約5.5時間

HIFIMAN、独自開発「トポロジーダイアフラム」搭載の初完全ワイヤレスイヤホン「TWS600」

編集部:成藤 正宣
2019年08月08日
HIFIMAN JAPANは、同社初の完全ワイヤレスイヤホンにして独自開発の振動板「トポロジーダイアフラム」を搭載した「TWS600」を、8月23日より発売する。オープン価格だが、13,800円前後での実売を想定する。

「TWS600」

有線イヤホンのフラグシップモデル「RE2000」(関連ニュース)等でも採用した、独自開発のナノ粒子コーティング振動板「トポロジーダイアフラム」を搭載。また、ドライバーユニットにはハイテクを駆使したマグネットや合金製ボイスコイルも採用しており、従来の完全ワイヤレスイヤホンと比較してより自然かつ解像感の高い音質、全帯域にわたる優れた透明感を発揮するという。

フラグシップイヤホンと同じ、ナノコーティング技術を活用した独自開発の振動板「トポロジーダイアフラム」を搭載する

バッテリーは本体に約5.5時間分、ケースに約33時間分を内蔵し、合計して約38.5時間の再生が可能。本体の充電時間は約1時間。BluetoothコーデックはAAC/SBCに対応する。

イヤホン本体で約5.5時間、ケース充電を挟めば約38.5時間の連続再生が可能

本体質量は片側約5.9gで、人間工学に基づいたデザインを採用。イヤーピースも複数のサイズ/形状を同梱しており、激しい運動でもしっかりとしたフィットを維持できるとする。ハウジングには音楽再生/早送り・戻し/ボリューム調整/音声アシスタント起動などが可能な操作ボタンを搭載しており、IPX4相当の防水に対応。また、片側のみでも使用できる。

関連リンク

関連記事