[ PR ] 高精度リッピングだけでなくCD再生にも魅力

オーディオファンこそ要注目!パイオニアの外付けUHD BDドライブ「BDR-XS07B-UHD」の魅力に迫る

山之内 正

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年03月19日

ちなみにユーティリティソフトで「静音モード」を選んでおくと、リッピング時などに高速回転の頻度を最小に抑えて静かな動作を保つので、耳障りな動作音に悩まされずに済む。そうしたきめの細かい配慮があるから、パイオニア製ドライブを選ぶ音楽ファンが多いのだろう。

ディスクの読み込み音などを抑える「アドバンスド静音機能」を搭載。CDをそのまま再生して楽しむことにも配慮されている

利用シーンや目的を選ぶだけで最適なチューニングにしてくれるモード選択機能も装備

スロットイン方式のローディングに不安を感じる人がいるかもしれないが、本機のローディング機構はディスクをホールドする部分を最小限に抑える(信号記録面に接触しない)など、CDにダメージを与えないようにメカニズム設計されているとのことなので、あまり心配しなくてもよさそうだ。実際のローディング動作はスムーズで、リッピングに使用したソフト(Power 2 Go 8)で判断する限りは動作レスポンスも良好だ。

スロットローディング機構はディスクの盤面にほぼまったく触らない独自機構を採用。ディスクの出し入れで盤面に傷が付かないよう配慮している

接続はUSB-Cを採用する。USB-Cコネクター同士の接続ケーブルに加えてUSB-AとUSB-Cの変換ケーブルも付属するため、別途USBケーブルを用意しなくてもすぐに使える点がありがたい。今回用意したVAIOではUSB-Cを介したバスパワーで問題なく動作した。

新たにUSB type-C端子を装備

Pure Read技術は第一世代以降アルゴリズムの改善を重ね、読み出し精度は着実に向上しているという。XS07Bは処理単位を細分化して精度をさらに改善したPureRead 4+に対応しており、エラーディスクの状態に応じて複数の読み取りアルゴリズムを組み合わせて読み取りエラーを減らす工夫も新たに導入された。

パーフェクトモードを選んでおけば、従来同様、エラー訂正がきかない場合に補間を行わず、リッピングを中断する。データの忠実な読み取りにこだわる音楽ファンも安心できる仕様だが、異なるアルゴリズムを同時に適用したPure Read 4+はそもそも読み取り精度が高いので、エラー補正が発生する頻度を根本的に低くできるメリットが大きいと思う。

■音質レビュー:リッピングでもそのままCD再生でも

BDR-XS07B-UHDを用いてリッピングしたデータをfoobar2000で再生し、音質を確認する。リッピング時にはPure Readをオンにし、パーフェクトモードを選んでWAV形式で取り込んだ。今回はパソコンのヘッドホン出力にゼンハイザーのHD660Sを直接つなぐというシンプルな方法で再生した。

「音楽ファンにあらためて高精度リッピングの価値を再認識させてくれる」

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事