SACD再生にも対応したユニバーサル機

パイオニア初のUHD BDプレーヤー「UDP-LX500」速攻レビュー! 注目機の画質・音質は?

山之内 正

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2018年08月23日
パイオニア初のUHD BDプレーヤー「UDP-LX500」がついに正式発表された(関連ニュース)。このUDP-LX500を山之内正氏が自宅試聴室でさっそく試聴。UHD BDの画質・音質から、CDなど音楽ディスクの再生クオリティまでを早速チェックした。

UDP-LX500の画質/音質を早速レポートする

パイオニア初のUHD BDプレーヤーを試聴する

パイオニアが満を持してUHD BDプレーヤー「UDP-LX500」を導入する。LDやCDの草創期からDVD、BDの時代まで光ディスクプレーヤーを牽引してきた同社ではあるが、UHD BD対応のユニバーサルプレーヤーを手がけるのは今回が初めてとなる。

山之内正氏の視聴室に設置したUDP-LX500

PIONEER「UDP-LX500」¥185,000(税抜)

この分野では後発ということになるが、それを逆手に取って開発に十分な時間をかけ、まずは性能と価格のバランスが良いミドルレンジのUDP-LX500を完成させた。そして、正式発表はまだだが、同社の特設サイトではさらなる上位機種の開発も示唆されているのだから期待が募る。

本機の直接の前身は「BDP-LX58」である。基本デザインを受け継ぎ、出力端子の構成もほぼ同様、低重心の3mm鋼板リジッドアンダーベースなど、重量級の作りも健在だ。落ち着いた高級感をたたえ、実機に触れると堅固で密度の高い感触が伝わってくる。剛性の高さは画質はもちろんのこと、特に音質向上に少なからず寄与するはずで、期待が高まる。

従来モデルのBDプレーヤー「BDP-LX58」

ドライブメカを収めたハニカム構造の頑丈なケースは制振効果を高めるとともに、筐体内部で発生する定在波を抑える役割も果たすという。また、ディスクの高速回転による動作ノイズを抑えるために放熱孔のない密閉&ファンレス構造を実現していることも見逃せない。

トレイ開口部からの音漏れを抑えるアコースティック・ダンパー・トレイを引き続き採用したこともあり、再生時も動作は非常に静かで、筐体外部に有害な振動が伝わることはない。そうした振動の高度なコントロールにはディスクプレーヤーを作り続けてきたパイオニアならではのノウハウが詰まっている。

ボタン周りも含め、重厚な作りを従来機種から引き継いでいる

基板の構成はアナログオーディオ、ドライブ/デジタル、電源の主要3パートに分割したセパレート構造を継承し、相互の干渉を抑える工夫を凝らしている。中央に6層IVHのメイン基板を採用している点も新しい。

ジッターレスのHDMI伝送を実現するPQLSにも対応しているので、「SC-LX901」などパイオニア製のPQLS対応AVアンプとの接続時に、純度の高い信号伝送が可能になる点も注目すべきポイントだ。また、アナログ音声出力はステレオのみ対応し、XLR出力も積んでいないが、アナログ音声出力時にデジタルオーディオ回路とビデオ回路をオフにする機能は引き続き採用している。アナログ接続で主に音楽再生機として使うときにはぜひ活用したい機能だ。

UDP-LX500の背面

映像は素直な描写が好印象

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事