[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第209回】イヤピコレクション 2018! 注目シリコンイヤーピース続々登場、6製品イッキ聴き

高橋 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年06月08日

基本情報&試聴印象は、いきなり一覧表でドーンッ!

さて、ピックアップした6製品の基本情報、そして実際にチェックしての印象だが……今回はいきなり一覧表でドーンッ!


要点は大体がこちらの表にまとめてあるので、これに目を通してもらったらもう終了でも良いのだが(←)、それぞれのモデル実物の写真と、それぞれのモデルについての付記を載せておく。表中に気になるモデルや箇所があれば以降にも目を通し、これら最新イヤーピース選びの参考にしていただければと思う。

●AZLA「SednaEarfit」

販売開始すると早速売り切れ続出の再注目イヤピ!

シリコンも高品質なものを使用するという

現在最も注目されているイヤーピース。同社第二弾となる新作イヤホン「HORIZON」の標準付属品だが、そちらの発売とほぼ同時に単品販売も開始。売り切れ続出となっている。ブランド創立の準備段階から開発を始めていたという入魂の一品で、素材のシリコンも特に高品質なものとのこと。各サイズ2ペア890円の他、SMLを1ペアずつで980円というフィッティングお試しセットも用意。

●JVC「スパイラルドット+」

人気イヤピをブラッシュアップ。肌に近い特性の新素材でフィット感を高めた

サウンドは基本開放的。ノズルへの固定力はやや弱まった?

イヤーピース内壁に設けたディンプルによって、イヤーピース内の反射音を拡散させて音質を向上させるいうイヤーピース。無印「スパイラルドット」も以前から好評で、「+」は弾性などの特性が肌に近いという新素材を採用してフィット感を高めた新モデルとなる。同社最新ハイエンドイヤホンの付属品であり、製品としての単品販売は実はまだ開始されていない。…のだが、専門店等にてバラ売り補修パーツとして入手可能。

無印スパドと比較すると、音の傾向は若干「抑制」側に寄った印象だが、それでも基本的には「開放」側という印象。素材が柔らかくなったことからか、ノズルへの固定力がやや緩くなっていることには要注意。

テクニカとZERO AUDIOは低価格でハイコスパな点も◎

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事