【特別企画】重低音イヤホンシリーズの新モデル

SOLID BASSの新たな最高峰、オーディオテクニカ「ATH-CKS1100X」は “思い切った進化”を果たした

高橋 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年05月17日

本機において重要なポイントである装着感についても、狙い通り大幅に向上している。ATH-CKS1100は大きめのハウジングをフィット感よく装着できるように、イヤーピースの位置を変更できる2ポジションポストを用いていた。対してコンパクト化されたATH-CKS1100Xは、イヤーピースのサイズだけ選択すれば、着実なフィットが得られる。設計においてイヤホン部の導管やイヤーピースの高さが最適化されていることも、この高いフィット感に寄与していると言える。

フィット感が大幅に向上したことも、ATH-CKS1100Xの大きな魅力だ

また、リケーブル端子は引き続きA2DCなので、Bluetoothアダプターケーブル「AT-WLA1」を含め、これまでのオプションケーブルも利用可能と期待できる。A2DC端子は耐久性にも自信ありとのことなので、ワイヤレスとワイヤードの頻繁な使い分けにも安心感がありそうだ。

「SOLID BASS」のサウンドコンセプトはそのままに、技術的には一旦リセットしてシンプルかつコンパクトに生まれ変わったATH-CKS1100X。従来モデルのように低域再現に特化した技術を用いるのではなく、ドライバーの刷新やアコースティックなチューニングの追い込みなどによって基礎性能を向上させることで、SOLID BASS最上位モデルに相応しい重低音と高解像度を両立させたモデルと言える。その提案性と実力をその耳で確かめてみてほしい。

(煖エ 敦)


特別企画 協力:オーディオテクニカ

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事