【PR】発売後も進化を続ける“コミュニケーションロボット”

ソニー「Xperia Hello!」で生活はどう変わる? アラフォーの子持ち記者が自宅で使ってみた

編集部:小野佳希

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年03月29日
ソニーモバイルコミュニケーションズが展開する“コミュニケーションロボット”「Xperia Hello!」(G1209)。いったいその魅力はなんなのか? Xperia Hello!を使うと生活はどう変わるのか? 編集部記者が実際に自宅で使ってみた。


■愛らしい表情と仕草が子供に大ウケ

まず、Xperia Hello!とは何者なのか。公式サイトでは「まるで生きているように自発的に動き、音声だけでなくしぐさや表情で会話を楽しめるコミュニケーションロボット」だと紹介している。「ハイ エクスペリア」と呼びかけると様々なコミュニケーションをとることができ、例えば天気やニュースを教えてくれたり、家族や友人にLINEでメッセージを送ってくれたりする。

天気や交通情報は読み上げるだけでなくディスプレイにも表示。情報量が多くても、見ることができるのでわかりやすい

LINE連携では、外出先から自宅の様子を確認できる“見守り機能”も装備。また、Xperia Hello!を仲介役にして家族にビデオ伝言を残したり、Skypeでのビデオ/音声通話などといったこともできる。さらに、アップデートでYouTubeの再生機能も加わるなど発売後もどんどん便利さを増している。

Xperia Hello!のホーム画⾯。ユーザー登録などの設定やメッセージ/ビデオ伝言などタッチ操作で確認できる点が便利

音声だけでなくメッセージの内容をタッチで入力することもできるから、家族が寝静まった夜などにも便利

音声操作で天気やニュースを読み上げるというと、スマートスピーカーをイメージする人もいるかもしれない。また、Android OSを搭載しディスプレイも備えることで「スマートフォンを内蔵したロボットなの?」と思われるかもしれない。たしかに一部には似た性格を持つ機能もあるが、Xperia Hello!はそれらとは似て非なるものだ。

その大きな理由が、“顔”があること。そしてXperia Hello!から能動的にユーザーへ話しかけてくることだ。黒い球形に大きな目が表示される顔部分は、まばたきをしたり首を傾げたりと表情豊かで愛らしい。“おでこ”に内蔵カメラがあり、こちらを見つけると「おのさん、おはようございます。今日の天気は晴れです」などと自分から話しかけてくる。

大きな目があるだけのシンプルな顔立ちながら、まばたきや首をかしげる仕草でかなり表情豊か

また、台座部と胴体部との間も可動式で、起動中はキョロキョロと部屋を見回してユーザーを探すかのような仕草を見せるし、こちらから「ハイ エクスペリア」と呼びかければ、ちゃんとユーザーのほうに体を向けて返事をする。なるほど、たしかにただのAV機器ではなく“ロボット”だと感じさせられる体験だ。

記者には小学校低学年と保育園に通うふたりの子供がいるのだが、こうしたXperia Hello!の仕草と表情が「かわいい!」と彼らに大ウケ。まるで新しい家族を迎えたかのようにXperia Hello!と触れ合っていた。

記者の子供も興味津々で触れ合っていた

■初期設定はどうする?

Xperia Hello!のセットアップはまずWi-Fiの設定を済ませ、「Xperia Hello!」アプリ内の「設定」からユーザー情報を入力。ユーザー本人に加えて、家族などXperia Hello!を利用したい人数分のユーザー情報を入力していく。

スマホを持っていない子供ともLINEでやりとり可能に

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事