2,000万画素CMOSを2基搭載

かんたん・お手頃価格で4K/360度撮影! エレコム「OMNI shot」レビュー

山本敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年02月02日
エレコムから4K対応のVRカメラ「OMNI shot(OCAM-VRW01BK)」が発売された。撮影者の360度周囲の動画・静止画をワンショットで撮れる“全天球カメラ”だ。

同じカテゴリーに属する製品の中には本体を防水・防塵対応のタフネス仕様としたアクションカメラもあるが、エレコムのOMNI shotは、4K高画質の360度ショットを“誰でも・手軽に”楽しめるコンパクトなカメラとしておすすめしたくなるモデルだ。iPhoneやAndroidスマホにペアリングして、とても簡単に使えるOMNI shotをレビューしよう。

エレコムの4K対応VRカメラ「OMNI shot」の楽しみ方を検証してみよう

VRコンテンツを手軽に、自分で撮って楽しめるOMNI shot

エレコムのOMNI shotはまず最大辺が約9.7cm、質量も約76gというポータビリティの高さに注目だ。片手で構えながら、毎日の何気ない日常のワンシーンを空間ごとクリッピングしていく感覚で、ぐるり360度の動画・静止画が記録できる。

撮影時は通常カメラを縦に構える。本体の前後に1/2.3型のCMOSセンサーを搭載するカメラユニットが背中合わせに配置されている。センサーの画素数はいずれも約21MP。2つのレンズを合わせると水平・垂直360度の画角をいっぺんにフレームの中に収められる。

本体の前後にカメラユニットを搭載

各ユニットに搭載されているレンズは6群7枚構成。35mm判換算で14mm相当の焦点距離、F値は2.0。レンズの先端から最短で10cmまでの距離感にある被写体に迫ることができて、明るさも十分。ただし360度カメラなので、被写体に寄る方向よりも“引き”の画角で周囲の風景をまるごと撮るような使い方がメインになるだろう。

静止画像は最大24.5MPまで、3段階で画質を設定できる。ファイル形式はJPEGで記録。動画は4K(3,840×1,920/30fps)と2K(1,920×960/30fps)のモードが選べる。こちらのファイル形式はH.264/MPEG-4 AVC。4K動画はYouTubeにアップロードして楽しめる。OMNI shotはYouTubeへのライブストリーミングにも対応しているが、ストリーミング出力時の最大解像度は1,440×720画素までになる。

撮影時のホワイトバランスやISO感度の調整はカメラが持てるスペックの範囲内で自動的に処理してくれるので、ユーザーが複雑な操作を覚える必要はないし、とにかく難しいことを考えずに360度動画と静止画を撮りまくればいい。トリック撮影機能として5/10/30/60秒間隔のインターバルを設定して、撮影した静止画をコマ撮りアニメーションみたいな動画に束ねるタイムラプス撮影機能もある。

記録媒体には最大32GBまでのmicroSDカードを使う。動画・静止画のデータはSDカードに記録されて、Bluetooth/Wi-Fiで接続したスマホアプリの画面でサムネイルを俯瞰、選択したファイルをフル画面表示で見るという使い勝手になる。カメラの電源をシャットダウンすると撮った素材をアプリで見られなくなるので、繰り返しチェックしたいファイルはスマホのストレージにダウンロードして見るかたちになる。

内蔵バッテリーはUSBで充電する。本体のポータビリティが高いうえ、microUSBケーブルは旅行などに携行するほかの家電機器の充電用としても共有できるので、全体に荷物がコンパクトに抑えられるのがいい。内蔵バッテリーは2時間のフル充電から、動画は最大解像度で約50分間の連続撮影が可能だ。

側面にmicroUSBポートとSDカードスロットを搭載している

もうひとつ、本体がIPX4相当の防滴仕様だということも押さえておこう。雨天での撮影が気兼ねなくできるし、軽く濡れてしまったら水を拭き取っておけば心配ない。底面には三脚穴が設けられているので、野外でカメラを固定した状態でタイムラプス撮影も楽しめそうだ。

本体の底面に三脚穴が設けられている

OMNI shotを使ってみる。かんたんに設定・操作できる

前のページ 1 2 3 次のページ