ハイファイ性能が向上、ハイレゾ再生に大きな威力を発揮

タンノイ「PRESTIGE GR」+スーパートゥイーターを、人気プリメイン3機種と組み合わせて聴く

鈴木 裕

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年02月01日

最新技術を投入した銘スピーカーにSTを追加しそのクオリティを探る

タンノイの「PRESTIGE(プレステージ)シリーズは」長い伝統を持ち、同時にその時々の技術が投入されている。特に”ゴールドリファレンス・エディション(GR)”を冠した現代のプレステージの音のまとまりは良い。さらに、GRの名前の付けられたスーパートゥイーターもラインナップしている。2種類のカラー・バリエーションを持つが、ウォルナット/ゴールド仕上げの「Prestige GR SuperTweeter」はまさにその名の通り、まとまりの良いプレステージの音をさらにクオリティアップさせるべく生まれている。


TANNOY スーパートゥイーター「Prestige GR SuperTweeter」価格:550,000円(ペア/税抜・ウォルナット/ゴールド仕上げ)※ブラック/シルバー仕上げの「ST-300Mg」も同価格
今回は2機種のプレステージにスーパートゥイーターを付加して、3つのメーカーのアンプで鳴らしてその魅力を探ってみた。

まず「Kensington/GR」は、モダンなデザインのミドルクラスで、10インチのデュアルコンセットリックドライバー(25cm径のウーファーにトゥイーターが組み合わされた同軸ユニット)のモデル。そして堂々たる恰幅のいい意匠なのが「Canterbury/GR」。15インチのデュアルコンセントリックドライバーを採用している。


TANNOY スピーカーシステム「Kensington/GR」950,000円(1台/税抜・写真左)、「Canterbury/GR」1,650,000円(1台/税抜・写真右)
二つのスピーカーは共通して、クルトミューラー社特製ウーファーコーンを持ち、ツインロールのハードエッジは強度と耐久性を高めるため特殊フェノール樹脂を含浸。磁気回路の「アルコマックス III」という磁石は、従来のアルニコマグネットの3倍の磁気エネルギーを持っているという。同軸部のトゥイーターはアルミ/マグネシウム合金の逆ドーム型ダイアフラムを採用したコンプレッション・ドライバーで、Kingdom Royalで開発されたマイラーフィルム製エッジを採用することで、よりナチュラルな音楽表現力を獲得している。

また今回、プレーヤーにはエソテリックのネットワークプレーヤーのフラッグシップ「N-01」に、最新のマスタークロックジェネレーター「G-01X」を付加して、正確にして音楽性豊かなハイレゾソースの再生を目指している。

ハイレゾソースの再生にはエソテリックのネットワークプレーヤー最上位機「N-01」(写真左/価格1,400,000円・税抜)/クロックジェネレーター「G-01X」(写真右/価格1,500,000円・税抜)を組み合わせて使用

アキュフェーズ/ラックスマン/エソテリックのプリメインで聴き比べ

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事