DAVEやManhattan DAC IIと組み合わせて試聴

エソテリックのネットワークトランスポート「N-03T」を、人気DAC/NASと組み合せテスト

土方久明

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年01月21日
ネットオーディオの分野の中でも、とりわけ昨今注目されている「ネットワークトランスポート」。あくまでデジタル変換は接続するD/Aコンバーターに委ね、音楽信号を極めて純度高く伝送することを命題とする新ジャンルだ。なかでも注目を集めているモデルのひとつがエソテリックの「N-03T」である。今回はDELAやfidataといったNAS、人気のD/Aコンバーターを組み合わせて、その実力を徹底的に探ってみたい。

ESOTERIC ネットワークトランスポート「N-03T」¥780,000(税抜/写真右)

新時代に向けて登場した「N-03T」を使い倒す

近年、ネットワークオーディオの世界では、デジタル出力に特化したネットワークトランスポートの注目度が上がっている。その魅力はずばり、パソコンを再生機器として組み合わせることが前提だったUSB-DACに、ネットワークプレーヤーと同等の使い勝手をもたらすと共に、より洗練されたサウンドの実現が期待できるというものだろう。

そんなネットオーディオの中でも、新しいジャンルとなるネットワークトランスポートだが、「N-03T」はエソテリック初のデジタル出力に特化したネットワークトランスポートでもあり、注目が集まるのは当然のことだろう。ハイエンドブランドとして知られる同社がネットオーディオの新時代に向けてリリースした一台と言ってもいい。

ハイエンドブランドが生み出す、デジタル出力に特化したネットワークトランスポートとして注目の一台

N-03Tは、ネットワーク経由でNAS内の音楽データにアクセスし、USBやAES/EBU(XLR)、RCA同軸などで単体DACやDAC内蔵機器とデジタル接続することができる。USB接続時に最大DSD 11.2MHzと384kHz/32bit PCMに対応し、また全てのロスレスフォーマットでギャップレス再生が可能な点もさすがだ。

出力は全てデジタル。USB(タイプA)のほか、XLRとRCA同軸出力を1系統ずつ装備する。XLR/RCAでは192kHz/24bitまでのPCM、DSD 2.8MHz(DoP)出力に対応。そのほかクロック入力端子(BNC)も備えている。

前面と背面にはUSB(タイプA)を一基ずつ搭載し、USBストレージを接続すれば、NASを必要とすることなく音楽データを再生することもできる。さらには、TIDAL、Qobuz、SpotifyなどのストリーミングサービスとRoon Readyにも近日中に対応予定で、ネットワークトランスポートとしては全方位的な完成度だ。なお、本体にはストレージを内蔵せず、あくまでも「トランスポート」に特化しているという点も興味深い。

リアパネルは実にシンプル。出力はXLR/RCA同軸、USB DAC接続時に最大384kHz/32bit PCMとDSD 11.2MHzに対応するUSB Type-Aを各1基装備。入力はETHERNET、USB Type-Aを各1基装備。BNC端子を用いて10MHzクロックを接続可能だ

実物を目にすると、シルバーの美しいフロントパネルにブルーの表示部が美しい。高級感溢れるデザインで、この辺りはさすがである。この質感に心を捕まれないハイエンドオーディオ愛好家はいないだろう。持ち上げてみると、驚くほどの剛性感がある。ボトムシャーシは5mmと2mmの鋼板を使ったデュアルレイヤー構造を採用し、電源トランスとそれ以外の部品を別のレイヤーに配置して相互干渉を排除。重量はなんと17kgもあり、それだけでも良い音がしそうな予感に心が高ぶる。これぞハイエンドの佇まいだ。

本機はネットワークトランスポートなので、好きなDACやオーディオ用高音質NASと組み合わせて音を探求する楽しみがある。そこで今回は、3つのD/Aコンバーターと2つのオーディオNAS、そして外付けHDDを用意して、N-03Tのポテンシャルを探る比較試聴を行った。

デジタル機器として類を見ない物量投入で、圧倒的リニアリティを実現

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事