[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第186回】スルーしたらもったいない出来の良さ! パイオニアの新イヤホン「SE-CH9T」レビュー

高橋 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年04月14日

リケーブル端子はMMCXで、プラグ周りの形にも癖がなく、サードパーティ製も含めてリケーブルの互換性は高そう。付属ケーブルの完成度が高いので当面は必要ないかと思うが、バランス駆動での運用も考えるならこのプレーンな端子周りは嬉しいだろう。

MMCX周りでは「コネクターシールド」というものが付属している。互換性の高いプレーンなMMCX端子周りを確保しつつ、これをかぶせることで「端子がくるくる回るのが嫌」みたいなニーズにも対応。ゴム系素材の摩擦で回転を抑えるという単純な仕組みのアイテムで、互換性を維持しつつ様々なニーズに応えているのが巧い。

実にプレーンというかフラットな端子周り

接続後にコネクターシールドを本体側に押し付けるようにすると摩擦で回転が抑えられる

サウンドは「心地よいワイドレンジさ」を実感

どのような技術や工夫を積み重ねても、音が良くなければお話にならない。このモデルの音は……良い!中高域のスッとした見晴らしと低域の深い沈み込みによって、音楽的に心地よいワイドレンジさというものを実感させてくれる。
メーカー側の言う、
「低歪化、低域感度の向上、広帯域化」
「分割振動を抑え、高域側の特性も向上」
「引き締まった低音と分離したクリアな中音」
というのは、まさにその通りだ。

例えばボーカルの透明感や、息遣いのシャープな成分を鋭く出しつつも嫌な刺さり方にしないところなどは、低歪化や分割振動を抑制したことによる効果だろうか。女性ボーカルの繊細な部分を堪能したい方には嬉しいところだ。

ベースやバスドラムの存在感は少し盛り気味かとは思う。現代のリスナーの好みを加味しての意図的なものだろう。といっても過剰な盛りではないし、ボーカルなどに近い中域寄りではなくベースやバスドラムの腰より下の帯域にバランスよく盛られている感じなので、ボーカルなどにかぶさって邪魔になることもない。ベースやバスドラム自体の抜けやキレも確保してある。強引な迫力の重低音型ではなく、低域もさらっと自然に充実しているといったような手応えだ。

この「引き締まった低音と分離したクリアな中音」は、「ベース大好きだからその活躍を存分に感じたいけれやっぱり歌も大事!」というリスナーには特にぴったりなチューニングなのではないだろうか。

全体や音の背景の印象としても透明感やすっきり感、清涼感といった言葉が思い浮かぶ。パイオニアらしい音だ。空間を広く使った音源との相性も良い。現代的な高解像度サウンド系チューニングなので、そういう音がそもそも苦手という方にはおすすめはしないが、そうでないのであればぜひ聴いてみてもらいたい。



特殊な新素材やハイブリッド型といったやり方ではなく、オーソドックスなダイナミック型ドライバーと、それに合わせたアコースティックの設計を突き詰めてこの音に到達したことには大きな価値がある。このモデルの開発で得たノウハウが今後の同社イヤホンの礎となり、これからも素晴らしいモデルが登場してくることを期待したい。

高橋敦 TAKAHASHI,Atsushi
趣味も仕事も文章作成。仕事としての文章作成はオーディオ関連が主。他の趣味は読書、音楽鑑賞、アニメ鑑賞、映画鑑賞、エレクトリック・ギターの演奏と整備、猫の溺愛など。趣味を仕事に生かし仕事を趣味に生かして日々活動中。


[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域 バックナンバーはこちら

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事