アダプタの使い勝手は?

【レビュー】iPhone 7 “オーディオ周り” の機能・音質をチェック

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2016年09月16日
本日発売されたアップル「iPhone 7」(関連ニュース)。さっそく手に入れたので、まずは当サイトの読者が最も気になっているであろう、音周りの機能やクオリティを中心にチェックした。

iPhone 7

防水やカメラ機能の強化、ディスプレイの進化などは他サイトでもすでに紹介されているので、当サイトでは後日、じっくり使ってからレビューをお届けしたい。

今回購入したのは通常のブラックモデル。ジェットブラックと迷った末、こちらを選択した。これまでのいわゆる「Dライン」がなくなったのは他の色も同じだが、ブラックモデルはアンテナラインが同色のため、さらに目立たない。

また各所で「押した感覚が感じられない、違和感がある」と指摘されているホームボタンについては、筆者の場合、数回使っただけですぐに慣れたことも報告しておきたい。

本題に入るのが遅くなってしまったが、箱から取り出してまず真っ先に、iPhone 7の底部をチェックした。事前に分かってはいたものの、3.5mmイヤホン端子がないというのは、実際に見てみるとなかなか衝撃的だ。

iPhone 6(下)との比較

iPhone 7の底部。黒くて分かりづらいが、よく見るとイヤホンジャックが無いことがわかる

イヤホン端子は本体からなくなってしまったが、これまでのイヤホンやヘッドホンが使えなくなるわけではない。「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が付属し、これをLightning端子に装着することで、3.5mmプラグをつなぐことができる。このアダプタは単体販売も行われる。

iPhone 7に付属する「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」

このアダプタについては、後日さらにくわしい記事をお届けする予定だが、今回はファーストインプレッションとして、これまでのイヤホン端子の音と、アダプタを通した際の音の変化を確かめてみた。同じ端末で聴く方が音の違いが分かりやすいと考え、まずはこれまで使っていたiPhone 6でテストした。

なお、試聴楽曲にはザ・リバティーンズの「Don't Look Back Into the Sun」などを、イヤホンは手元にあったSHURE「SE535」を使った。

はじめに、これまで聴き慣れたイヤホン端子で聴いたあと、このアダプタ経由の音を聴く。すると、想像していた以上の激変ぶりに驚いた。

音の変化は想像以上

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連リンク

関連記事