百花繚乱の現状に驚愕

VRとアダルトコンテンツの相性とは? その可能性を体当たり検証!

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2016年03月16日
もうすぐ4月だが、今年は聞くところによるとVR元年らしい。いやいや去年が元年、今年は本格的な普及の年です、という人もいる。こういう話は数十年前から何度もあったようで、時代は繰り返すものだ。

今回はVRとアダルト動画との相性をチェック。VRゴーグルは目線代わりになって便利ですね

だが、いまのVR機器を実際に体験してみると、つくづく面白く、将来性ある技術だと感じる。一過性のブームで終わらず、ホビー、あるいはメディアの一つとしてしっかり根付いて欲しいと願っている。

さて、当サイトの熱心な読者の方なら、新しい映像技術が出た際、なかば偏執狂的にアダルトコンテンツへの応用の可能性を探ってきたことをご存じの方もいるかもしれない。

以前には、3Dアダルトソフトが出たときにもテストした。またVRではないが、ヘッドマウントディスプレイが登場した際もその可能性を確かめた4K映像もチェックしたし、GEOチャンネルも即日レポートした。いずれも高いアクセスを記録し、「口には出さないけどみんな興味あるんじゃん」と意を強くしたものだ。

そしていま。VRブームの過熱ぶりを見るにつけ、そろそろ確かめてみたい、という思いが高まってきた。ということで、今回はVRで見るアダルトコンテンツを検証し、その可能性をAV専門サイトなりに考えてみたい。

こんなバカなことをやってる場合じゃないのだが…

先に言い訳しておくと、当たり前だが、好きでやっているわけではない。こういう企画ばかりを一生懸命やってる印象があるかもしれないが、誤解である。

何しろリスクばかり多くて、書くメリットがほとんどない。それに、ほかにも手を付けなければならないテーマは山積している。はっきりいって、こんなバカなことをやってる場合じゃないのだ。

だが、新しいAV機器の普及に重要なピースの一つがアダルトであることは確かだ。その可能性をしっかり考え、検証することは無駄にはなるまい。

VRアダルトの現状を知る。短期間での隆盛ぶりに驚嘆!

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連記事