「JBL FLIP3」レビュー:1台で迫力の音。2台同時再生でワンランク上のサウンドも実現

折原一也
2015年09月04日



【JBL FLIP3はこんな人におすすめ!】
 ・ポップスやアニソンなどボーカル曲をよく聴く
 ・家でも外でも快適に音楽を楽しみたい
 ・複数台を同時に鳴らして更なる迫力サウンドを実現したい


カラフルなチューブ型ボディは「カワイイ」だけじゃない!

Bluetoothスピーカー売り場でひときわ目を引くカラーバリエーション。「JBL FLIP3」は、チューブ型のキュートなデザインで部屋のインテリアのアクセントにもなるBluetoothスピーカーだ。

FLIP3はファブリック素材が用いられており、柔らかく手触りが良い

利便性が特徴のBluetoothスピーカーとはいえ、やはり“高音質”かどうかは大きなポイント。JBLはオーディオファンには憧れのブランドとして君臨し続ける名門中の名門。FLIP3には、その確かなスピーカー設計思想が注ぎ込まれている。

特徴的なチューブ型のデザインは、音響工学に基づいた高音質を追求するため。そして、チューブの両サイドにはパッシブラジエーターを備えて低音再生力を一層高めている。さらに8W+8Wのパワフルなアンプや、40mmのスピーカーユニットを2基搭載。そのサウンドは、パワー溢れる低音を再生しつつ、ボーカルもクリアに鳴らしてくれる。

両サイドにはパッシブラジエーターを備えて低音再生力を一層高めている

試聴してみて特に相性が良かったのが、J-POPやアニソンというボーカル重視のサウンド。iPhoneとペアリングしてリスニングしてみたところ、小さなボディから鳴らしているとは思えないほどにリアルでクリアなサウンドが立ち上がるのだ。ドラムの刻みの鋭さ、ギターのサウンドのスピード感もダイナミックに鳴らせる力を持っている。もし、休日の部屋を音楽を満たしたいなら、部屋の真ん中に「JBL FLIP3」を置いてみてほしい。どこから聴いても部屋全体をゴキゲンなサウンドで満たしてくれること間違いナシだ。

ストラップ付き+スプラッシュ・プルーフでアウトドアでも室内でも活躍

「JBL FLIP3」はIPX5相当のスプラッシュプルーフ性能も確保している。水辺で使えるのはもちろん、アウトドアで音楽を聴いていても突然の雨……といったシチュエーションでも安心だ。

実機を手にしてみると、ボディには標準でストラップヒモが取り付けられているので、すぐに手に取って持ち出せるし、バッグに取り付けたり車に乗せたりとアウトドアに持ち出すお供にもピッタリ。ボトルサイズなので、バッグに入れて仲間達と集まるパーティーの場に持ち出すサイズとしてもちょうどよいサイズ感。手に取るとわずかにクッション性のあるファブリック素材も持ち運びやすい。

ボディにはストラップが付属。外に持ち出す際も使いやすい

毎日の音楽リスニングのシーンでは、スプラッシュプルーフ対応が大活躍する。例えばバスルームの近くに置いて音楽を聴いても楽しいだろうし、キッチンの水回りに置いて音楽を聴きたいという時にも、水滴が跳ねても問題ナシ。どこでも持ち運んで鳴らせる手元スピーカーとしても通用する。

2台を同時に鳴らして更なる迫力サウンドを実現できる

最後になるが、FLIP3のデザインに惚れ込み、何台もカラバリを揃えたい!と思った人もいることだろう。

FLIP3は実は2台を同時に鳴らしてステレオスピーカーとしても利用できるのだ。専用アプリ「JBL Connect」を使えば2台を簡単にペアリングしてステレオ再生ができる。シンプルデザインで高音質なのはもちろん、スプラッシュプルーフ、そして複数台揃えて楽しいステレオ再生まで。「JBL FLIP3」は、Bluetoothスピーカーの愉しみを結集させたモデルとしてイチオシだ。



【JBLFLIP3 直販サイト価格12,880円(税抜)】
【SPEC】
・Bluetooth:バージョン4.1
・対応プロファイル:A2DP V1.3、AVRCP V1.5、HFP V1.6、HSP V1.2
・オーディオ入力:Bluetooth、外部音声入力
・最大出力:8W×2
・ユニット:40mm×2
・周波数特性:85Hz - 20kHz
・外形寸法:169W×64H×64Dmm
・質量:450g
・電池:リチウムイオン充電池
・充電:約3.5時間、再生:約10時間(ボリュームレベルや再生内容により異なる)
・付属:充電用USBケーブル(オレンジ)×1

関連記事