HOME > レビュー > 誰もやらないなら俺たちが! ソニー「音の良いmicroSDカード」いまさらブラインドテスト

一条真人の体当たり実験室

誰もやらないなら俺たちが! ソニー「音の良いmicroSDカード」いまさらブラインドテスト

2015/04/16 一条真人とファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

さて、テストにあたっては、“高音質microSDカード”と通常のmicroSDカード(ソニー「SR-64UY」)を用意。カードにはもちろんだが同じ楽曲を入れ、一条氏には見えないようにカード入れ替え、試聴してもらった。なお、プレーヤーにはAstell&Kern「AK120II」、ヘッドホンは同じくAstell&Kern「AKT5p」を使用した。

「なるほどー。これが例の音の良いmicroSDカードですか。大変興味深いですねー」(棒)

試聴は高音質版と通常版のmicroSDカードを、どちらかわからない状態で順番に聴いてもらうのを1セットとし、それを3回繰り返す。もちろん高音質版と通常版の試聴順は、各セットごとにシャッフルする。途中の答え合わせはせず、事前に音の傾向をつかむための試聴も一切なし。ぶっつけ本番でやってもらう。3セット繰り返したら、一番最後に全セットの答え合わせをする。

編集部・小野から今回のルールについて説明を受ける一条氏

試聴楽曲には、ハイレゾブラインドテストで一条氏が見事に外した“天敵”ノラ・ジョーンズ「Don't know why」をはじめ、様々なジャンルの音源を編集部が用意した。

ここまでルールを説明しても、余裕の表情を崩さない一条氏。「で、このmicroSD、結局どうして高音質になるんでしたっけ?」と、仕様や原理などの予習なしで本番を迎えるという余裕ぶりである。ならばさっそく聴いてもらおう!

「原理とか全然予習してこなかったけど、ま、何とかなるでしょ!」とサムズアップ。今回は特に自信があるのか両手で2本バージョンだ

次ページ「なるほど、確かに違いはありますね」

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE