デノン「DA-10」モニターレポート:ガリガリさん「程よい質感を伴った低域寄りの再現」

モニターレポート
2014年12月15日
デノンのポータブルUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「DA-10」を、ファイル・ウェブの読者の皆様にお届けして、実際に試聴してもらった感想をレポートしていただいた。読者のリアルな声をお届けする。

程よい質感を伴った低域寄りの再現
普段よく聴くサカナクションと好相性でした

ガリガリさん(10代・男性)

充電が切れる寸前にChargeランプが点灯するのが便利

まずは使い勝手(大きさ、操作性等)について。個人的にはこれくらいの大きさがポタアンらしい大きさだと思います! iPhoneと重ねる前提ですので、手持ちのiPod touch第四世代と組み合わせると良いですね。専用ケースが付属するので、iPhone、iPod touch、iPod Classicと一緒に運用することができます。一つだけ不満を言うとしたら、ケースが大きいということです…。ただ、ケースを使わずに普通にケーブルを接続してポケットに入れて運用すれば、持ち運びやすいサイズになります。アナログ入力も付いていますので、USB入力が付いていないWalkman、AKシリーズと接続することができます。

DA-10をAstell&Kern「AK100」とSONY「MDR-1Rmk2」(OYAIDE「HPC-MSL」にリケーブル)を組み合わせたところ

操作性は機械音痴の人でも操作できるレベルだと思います(ボタンが思っているよりもボタンの数が少なかった)。ボリュームの上にPower、Chargeインジケーターが付いていて、程よい明るさです。充電が切れる寸前にChargeランプが灯くのもとても便利です。唯一、欲を言いますと、Chargeランプを5段階表示できればなぁ…という点です。

程よい質感を伴った低域が印象的

次は音質面です。組み合わせたヘッドホンは、SENNHEISER「HD25-1II」(OYAIDE「HPC-HD25 Blue」にリケーブル)、SONY「MDR-1Rmk2」(OYAIDE「HPC-MSL」にリケーブル)、Ultimate Ears 「UE6000」です。明らかに低域寄りですが、こってりした低域ではなく、程よい質を持っていると思います。弾む低域ですので、普段聴く“サカナクション”や“ゲスの極み乙女。”の曲と相性がいいです。ただ、正直自分の好みからするとちょっと量が多すぎるかな?とも思いました(低域多めのヘッドホンで試聴したので…)。解像度は程々です。高くもなく低くもなく普通です。聴きやすさ重視で製品開発を行ったのかな?というのが音を聞いてわかります。DENONのヘッドホン(「AH-D600」や「AH-D7100」)の印象が「解像度が飛びぬけて良い+低域の質、歯切れが上品で、量が若干多め」という個人的な印象ですので、それらのヘッドホンとDA-10を組み合わせると良い感じになると想像(妄想の方が合っているかも!?)しています。

DA-10をAstell&Kern「AK240」とSENNHEISER「Momentum OnEar」と組み合わせ

ちなみに、DA-10が発売開始になる前にもe☆イヤホンの展示会でDA-10を試聴しました。その際の試聴デモ機は完成版ではないとのことでしたが、今回の試聴したDA-10も基本的に音の印象は同様でした。

ただ、ひとつ気になる点があります。それは、小音量時に起こるギャングエラーが起こっていました(展示会の時にも感じてメーカーの方に伝えたのですが、その際よりは改善されていました)で、結局AK100の音量を55.0にしてLowゲインで使用するとHD25の場合ですと半分ぐらいまで上げることができます。(因みに自分は人よりも若干音を上げて音楽を聴きます)。Highゲインにしても、10-11時くらいまで上げることができます(Highゲインの方が低域の量が多いです)。イヤホンには不向きだと思いました。ヘッドホンでがっつり聞きたい人(←自分も含まれます)には向いていると思います。

DA-10を普段使いした感想を追加レポート

レポートをお送りした後にも、特に電車の中で、以下のように様々なヘッドホンでDA-10を試して見ました。

火曜日:SENNHEISER「Momentum OnEar Blue」
水曜日:ONKYO「ES-FC300」(純正リケーブル済)
木曜日:beyerdynamic「T 70 p」
金曜日:beyerdynamic「DTX 501 p」
土曜日:Ultimate Ears「UE900」(Shure純正ケーブル)

環境:AK240(Vol:55.0) to DA-10付属品mini to miniケーブル to 「DA-10」(Gain:Low、Vol:半分くらい) to ヘッドホン

電車移動の際にbeyerdynamic「T 70 p」「DTX 501 p」など、様々なヘッドホンでDA-10を試してみた

で、この中で相性が良かった(好きな音だった)のはDTX 501p、ES-FC300との組み合わせです。DA-10は低域が強くでる傾向なので、低域の少ないT 70 pと組み合わせたら良いバランスになるのじゃないかなと思いましたが、解像度は良かったものの、無理して音を出しているような印象を受けました。

プレーヤーにはAK240を使用

同じBeyerdynamicのDTX 501 pとの組み合わせでは、低域ブリブリで聴いていて一番気持ちよかったです。あと、ES-FC300との組み合わせも好印象で、解像度はDTX 501 pよりも良く、音場感(空気表現)が優れていました。Momentumとのコンビは気軽に聞く時によいですね。UE900との組み合わせは、電車で聴くにはちょうどいいと思いました。遮音性高いし、デザインもカッコいいし! ちなみに今日はDA-10を家に置いて、UE900をAK100と直接接続して聴いていますが、DA-10との組み合わせで聴いた後だと、低域などが物足りなく感じてしまいます。

編集部注

編集部からデノンへ「DA-10」のギャングエラーについて問い合わせところ、「最初期ロットの一部の個体にて、ギャングエラーが生じる個体が確認できたため、その後、生産段階において見直しを図り、改善を実施した」とのこと。現在流通している個体については、ギャングエラーの問題は解決しているとの回答を得ております。

関連記事