【特別企画】ディスクスタビライザーとしての効果も徹底検証

注目インシュレーター「Wind Bell WB-60」はアナログプレーヤーにどう効くのか?

林 正儀

前のページ 1 2 3 次のページ

2014年07月14日
■ディスクスタビライザーとしても大きな効果を発揮

「WB-60」は上記のようなインシュレーターとしての用途に加え、そのまま盤にのせるスタビライザーとしても使えるように1個売りの「WB-60/1」も用意している。スーパートゥイーター効果があるくらいだから、アナログに効いて当然なのかもしれない。これはもう試すしかないではないか!

ディスクスタビライザーとしても使用可能

なお、ディスクスタビライザー用のものは、アナログディスクのスピンドル穴径にマッチするように本体底部の穴に加工を施している。テスト時はまだ完成していなかったため、ひとまず実験的に通常のWB-60をそのままディスクの上に使用してみた。

すると……これは効いた。普通は押さえるだけだが、それにプラス風鈴効果でより女性ボーカルにもハリとツヤやかさが加わり、感動のレベルがグッと上がる。

ひとまず通常モデルで試したがそれでも十分に効果を発揮してくれた

空間も大きく高く広がった。私を包み込み、リスナーに訴えかける表現になる感じだ。これぞダブルの効果。直接ディスクに触れるものだけに、ソースに近いところでの風鈴効果として、ダイレクトに効くのだろう。

製品を手に取る林氏

モノラル盤は音像が集中してフラつきがなく、表情がすこぶる濃密だ。ビリー・ホリデイや、エラ・フィッツジェラルドが手を触れそうな位置にたたずんでいる!このことも驚きで、他社にはない未体験の効果である。

ウィンドベル待望の大型機器用モデル「WB-60」は、スピーカーだけでなく、プレーヤーとの組み合わせやディスクスタビライザーとしても効果を発揮する、幅広く使える秀逸アイテムだ。

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事