実際にランニングで検証

【レビュー】デノンのスポーツ用Bluetoothイヤホン「AH-W150」を走って試す

編集部:小澤貴信

前のページ 1 2 3 次のページ

2013年07月31日
デノンのスポーツ用イヤホンシリーズ“EXERCISE FREAK”のBluetooth対応機「AH-W150」は、装着性とデザイン性に加え、音質にも注力したモデルだ。今年5月には新色のピンクも追加され、カラーバリエーションもさらに充実した。今回はこのAH-W150について、スポーツ向けイヤホンとしての使い勝手、そして音質を改めてレビューしていく。

デノン「AH-W150」(ピンク)

■ポップなデザインとBluetooth対応による手軽さ

カラーもデザインもポップなAH-W150は、Bluetooth対応によるワイヤレス伝送専用のモデルだ。iPhoneやAndroidスマホ、ポータブルプレーヤーとワイヤレスで接続するため、走ったりエクササイズをしている際に、ケーブルが絡まるような煩わしさから解放してくれる。

本体カラーについてはこれまでイエロー、ブルー、ブラックの3色が展開されていたが、前述の通り、新たにピンクが追加された。どのカラーもパステル調の鮮やかでポップな仕上がりだ。

先行して登場したイエロー、ブラック、ブルーと合わせて全4色展開となる

AH-W150は“EXERCISE FREAK”というシリーズ名からもわかるとおり、運動時の使用も想定されており、「保護等級4」の防水対応となっている。大量に汗をかくようなシーンにおいても、安心して音楽を楽しむことができる。

伝送方式はBluetooth3.0を採用。本体にはバッテリーが内蔵されており、右耳側のボディ下部のmicroUSB端子から、USBバスパワーで充電を行う。連続使用時間はフル充電の状態で7時間だ。

充電用のmicroUSB端子は右耳側に搭載。USBバスパワーで充電を行う

AH-W150の充電をしているところ。フル充電の状態で、約7時間の連続使用が可能となる

AH-W150は音楽プレーヤーの操作やスマートフォンでの通話にも対応している。本体右耳側にはスタートボタン(音楽の再生/一時停止)、音量調節ボタンが配置されている。左耳側のボタンは、スマートフォン着信時の通話ボタンだ。

右耳側の本体側面に、音楽再生のスタート/一時停止ボタンを装備する

さらに右耳側の後ろに音量の+/−ボタンを搭載。走りながらの音量調整も簡単だ

その他イヤーピースはL、M、S、XSの4種類を用意。また、本体カラーにそろえたキャリングケース、充電用USBケーブルも付属する。

イヤーピースはL、M、S、XSの4種類を用意する

本体カラーに揃えたキャリングケースケースを同梱している

装着性と使い勝手を検証する

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事