HOME > ニュース > ソニー、スタジオレスのモーションキャプチャーを実現するモバイルモーショントラッカー「mocopi」

2023年1月下旬発売予定

ソニー、スタジオレスのモーションキャプチャーを実現するモバイルモーショントラッカー「mocopi」

2022/11/29 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーは、同社初のメタバース関連製品としてモバイルモーショントラッカー「mocopi」を直販サイト「ソニーストア」にて2023年1月下旬に発売。12月中旬から予約受付を開始する。価格は49,500円(税込)。

「mocopi」

6つの小型・軽量センサーを頭・手足・腰に装着し、スマートフォン用アプリと連携することで自分の動きをデータ化できるモバイルモーションキャプチャー。先日、同社公式サイト上で展開されたティザー告知が、正式に案内された格好だ。製品名となる「mocopi」には “モーションを簡単にコピーする” といった意味合いが込められているとのことだ。

付属のバンドを用いて頭・手足・腰に装着する

開発の背景として、同社は近年盛り上がりを見せるVR Chatや、3Dモデリングを使用するVTuber業界に着目。写真を撮るような気軽さでモーションキャプチャーを行える本製品を介することで、VTuber、VRコミュニケーション、3DCGアニメーション制作といった3Dコンテンツの楽しさをより幅広い層に提供したいとアピールしている。

6つのセンサーにはそれぞれ加速度、角速度センサーを搭載しながら直径3.2cm、質量8gと小型軽量化を実現。付属のバンドとクリップを使用して体に装着して使用。スマートフォンアプリ上では、動画としてmp4(1,920×1,080/30fps)の記録・書き出しと、モーションデータとしてBVH(50fps)方式での記録をサポート。また、PCレスでリアルタイムでの外部ソフトウェアまたは、サービスへの送信に対応する。

スマートフォンのアプリ画面

使用時にはキャリブレーションが必要となる

キャプチャー箇所はセンサー装着箇所となる頭・手足・腰のほか、スマートフォンマイクによる音声記録とあわせて最低限のリップシンクキャプチャーが可能。指先や表情のキャプチャーについては、カバーの対象外となっており、サードパーティ製のセンサーで取得したモーションデータとの組み合わせての使用を想定している。

専用スマートフォンアプリには、本製品のためにモデリングされた3Dアバターデータ「レイノスちゃん」がプリイン済み。また、VRMフォーマットの3Dアバターをアプリにインポートして使用することも可能。なお、同社としては「レイノスちゃん」に続くアバターデータの追加提供は現状予定に無いとのことだ。

プリインストールされる3Dアバターデータ「レイノスちゃん」

外部サービスとの連携については現段階で、VR Chat、Unity、MotionBuilder、Virtual Motion Captureなどと動作確認済みとのことで、VR Chatでの使用については、スマートフォンアプリから直接Meta Questにモーションを送ることが可能だという。また、デバイスの発売に先駆け、12/15にはメタバース向けサービスや3D開発ソフト製作者へ向けたSDK(Software Development Kit)の配布を予定。メタバースやフィットネスの領域で新たなサービス開発に貢献したいと意気込みを示す。

センサー間、スマートフォンとの接続はBluetooth LE Ver.5.2を使用。連続モーションキャプチャー使用時間は最大約10時間。付属ケースを用いたUSB Type-Cポートによる充電時間は約1.5時間となる。

付属のケースを用いてセンサーの充電を行う

現時点での対応スマートフォンは、Xperia 5W/Xperia 1W/Xperia 5V/Xperia 1V/Xperia 5U/Xperia 1U、iOS端末ではiPhone 12以降のモデルをサポートする。

製品の発売に先立ち、XR/メタバースがテーマの国内最大級テックカンファレンス「XR Kaigi2022」への出展も決定。12月15日(木)にはオンラインプレゼンに登壇、12月22日(木)・23日(金)に東京都立貿易センター浜松町館で実施されるオフライン会場ではブースを出展。一般ユーザーにデバイスを初披露目する予定としている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック