1GBから無制限まで6種類

auのオンライン専用プラン「povo2.0」。基本料0円+“トッピング”で容量追加

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年09月13日
KDDI、沖縄セルラーは、auのオンライン専用ブランドのpovoにおいて、月額基本料0円からの新プラン「povo2.0」を9月下旬から提供開始予定と発表した。

「povo2.0」

基本料0円のベースプランに、それぞれの使い方にあわせて容量などの追加オプションを “トッピング” できるという料金プラン。データ/通話/コンテンツなど10種類のトッピングは、必要な時に自由に購入して利用することができる。なお、従来のpovoは「povo1.0」に名称変更され、9月下旬に新規受付を終了する。

ベースプランのデータ容量は0GBで、これに “データトッピング” で容量を追加するかたち。トッピングがない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとしているが、180日以上の購入がない場合は利用停止/契約解除になる場合があるという。

トッピングのイメージ。従来のpovo1.0と比較すると、20GB(30日間)は若干値上がりとなるが、60GB(90日間)購入の場合は月額換算で実質20GBを2,163円/月で利用できる

データトッピングは5Gに対応し、1GBからデータ使い放題までの6種類が用意。また、容量ごとに有効期間が決められている。容量と有効期間、料金(以下、税込表記)については下記の通り。

データトッピング
・1GB(7日間)390円
・3GB(30日間)990円
・20GB(30日間)2,700円
・60GB(90日間)6,490円
・150GB(180日間)12,980円
・データ使い放題(24時間)330円

通話についてはベースプランは従量課金制で、国内通話料は30秒あたり22円。また、SMS送信は1通あたり3.3円。“通話トッピング” として月額型の「5分以内通話かけ放題」(月額550円)、「通話かけ放題」(月額1,500円)が提供される。

加えて、“コンテンツトッピング” も用意。「DAZN使い放題パック(7日間)」と「smash.使い放題パック(24時間)」がラインナップされ、使いたい期間だけサービスを利用できるのが特徴だという。価格はDAZN使い放題パックが760円、ssmash.使い放題パックが200円。

ほか、au PAYの利用やアプリの利用でデータ容量がもらえる「#ギガ活」が9月13日からスタート。ローソンや丸亀製麺などの店舗で500円以上購入すると300MB (3日間)、カインズなどで2,000円以上購入すると1GB (7日間)が、後日もらえるとしている。

同社は新プラン導入と合わせて、最大20GBをプレゼントする「povo2.0 デビューキャンペーン」を本日9月13日から実施する。専用フォームから事前エントリーの上、「povo2.0」で対象のデータトッピングを購入すると、最初に購入したデータ容量に応じて最大20GBのデータがもらえるというもの。

関連記事