旧Zigbee Allianceが改名

スマートホーム向けの新通信規格「Matter」発表。複数デバイス間の互換性を確保

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2021年05月13日
Connectivity Standards Alliance(旧Zigbee Alliance)は、スマートホーム向けの通信規格「Matter」を発表した。

「Matter」のロゴ

2019年12月にAmazon、Apple、Googleも参加するZigbee Allianceが表明したスマートホームの共通企画「Project Connected Home over IP(Project CHIP)」が、改めてMatterとして発表された。現在、Amazon、Apple、Google、IKEAなど180以上の企業と、1,700人以上の個人がMatterの仕様実現、実装に向けて参加しているという。

Matterでは、Amazon Alexa、Apple HomeKit with Siri、Googleアシスタント、SmartThingsといった、スマートホームや音声サービスの互換性が確保できるため、デバイスの接続が簡単になるほか、複数ブランドのデバイスであっても、ネイティブに動作するという。

2021年後半には、電球、照明器具、制御装置、プラグ、コンセント、ドアロック、センサー、検知器などのデバイスが認証を通過する見通し。Amazon、Google、Huawei、SmartThings、Texas Instrumentsを始めとしたブランドがMatterをいち早く採用するとしている。

関連記事