CES発表機を国内展開

HP、Bang&OlfsenスピーカーやAI搭載ノートPC「HP Elite Dragonfly G2」など2モデル

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブ編集部・筑井真奈
2021年01月14日
日本HPは、CES2021で発表された「HP Elite Dragonfly G2」と「HP ENVY 14」について、日本でも発売することを発表した。「Elite Dragonfly G2」は同社直販価格で214,800円〜(税抜)で2月下旬発売予定。「ENVY 14」は149,800円〜(税抜)で、1月下旬発売予定となっている。

「HP Elite Dragonfly G2」は、軽量でセキュリティ機能を強化、ビジネスユースを想定した13インチノートPC。ボディーカラーはDragonfly Blue、第11世代インテルCoreプロセッサーとインテル内蔵グラフィックスを搭載したパワフルな性能で、高速回線5Gにも対応する。また、忘れ物防止タグTileも内蔵される。

「HP Elite Dragonfly G2」

Bang&Olfsenのスピーカーを内蔵しており、映画や音声などのオーディオ体験を最大化するためのAIも搭載される。また、不正アクセス防止のための「HP Tamper Lock」機能も搭載、本体カバーが開けられたりした際はユーザーに通知が行くように設定ができる。

「HP ENVY 14」はクリエイティブ用途を想定した14インチ個人向けPCで、アスペクト比は16:10、HP Display Controlでディスプレイの設定がカスタマイズ可能。

「HP ENVY 14」

第11世代インテル Coreプロセッサーと、最大でNVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max-Q Designのグラフィックスを搭載。使用状況に応じて最適なエアフローを選択でき、クリエイティブなフローで負荷が高まってもIRサーモパイルセンサーで熱を抑えることができる。最大15時間のバッテリー駆動が可能。

また、Webカメラ用の物理シャッター、キーボード上の専用ミュートマイクキーを搭載。音声通話でスピーカー、ヘッドフォン、マイクを使用する際に、周囲のノイズをミュートするAIノイズ除去機能も搭載する。また、モバイルデバイスとのデータのやり取りも、HP QuickDropによってワイヤレスに実現できる。

関連リンク

関連記事