デザインは前モデルを踏襲

新「iPad」登場。第8世代で高速化、価格は据え置きで34800円から

ファイルウェブ編集部
2020年09月16日
アップルは、第8世代にあたる新型「iPad」を発表した。iPadシリーズのなかではエントリーに位置づけられるモデル。内蔵ストレージは32GBと128GBを展開する。Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルが用意される。

第8世代「iPad」

価格はWi-Fiモデルの場合、34,800円/32GB、44,800円/128GB(ともに税抜)で、従来から変更されていない。カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドをラインナップする。発売は9月18日で、本日より予約受付を開始している。

第7世代モデルからデザインを踏襲しており、ホームボタンを採用する。ディスプレイは従来同様の10.2インチRetinaで、解像度は2,160×1,620/264ppi。

SoCはA12 Bionicへとアップデートされた。あわせて、毎秒最大5兆回の演算処理が可能なNeural Engineを搭載。「これまで以上にパワフルなiPad」とアピールする。背面カメラは8MPで、フルHD動画が撮影可能。内側のFaceTime HDカメラでは1.2MPでのFaceTime撮影が行える。

認証はホームボタンからTouch IDで行える。Apple Pencil(第1世代)やフルサイズのSmart Keyboardにも対応する。サウンド面ではステレオスピーカーを内蔵し、3.5mmヘッドホン端子を搭載している。

フルサイズのSmart Keyboardにも対応する

関連リンク

関連記事