「Pixel Buds」や純正ケースも取り扱い

ソフトバンク、「Google Pixel 4a」を8月20日発売。サポート併用で月1,035円から

編集部:平山洸太
2020年08月04日
ソフトバンクは、スマートフォン「Google Pixel 4a」を取り扱うことを発表。8月14日午前10時からソフトバンク取扱店およびオンラインショップで予約受付を開始し、8月20日午前10時に発売する。国内の通信事業者での「Google Pixel 4a」取り扱いはソフトバンク独占となるという。

「Google Pixel 4a」

端末価格の支払い総額は、機種変更/新規購入/のりかえ(MNP)いずれの場合でも、49,680円(以下、税込)。48回払いで購入して25ヶ月目にソフトバンクで回収・買い換える「トクするサポート+」を利用することで、月々1,035円×24回、総額24,840円で利用することも可能だ。

Pixel 4aの画面の大きさは5.8インチで、画面内にフロントカメラが埋め込まれたパンチホールデザインを採用。プロセッサーはクアルコムのSnapdragon 730G、メモリーは6GB、ストレージは128GBとなる。

上位モデルであるPixel4譲りのカメラ機能を採用しており、1,220万画素/F1.7のカメラを搭載。ポートレートモードや夜景モードなど豊富な撮影機能に対応する。

またGoogle Pixel 4aを購入すると、「Google One 100GBプラン」とYouTube Premiumをそれぞれ3ヶ月間無料で使えるキャンペーンを発売と同時に実施する。

なお、純正の完全ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」や専用ファブリックケースも取り扱われ、価格はPixel Budsが20,880円、ケースが5,280円。またSoftBank SELECTIONによるPixel 4a向けアイテムも、純正アクセサリーと合わせて本日8月4日から予約が開始される。

「Google Pixel 4a Case」

関連記事