オンラインショップで6月15日から事前購入受付

ドコモ、5Gスマホ「Xperia1 II」「Galaxy S20+ 5G」発売日を6/18に決定

編集部:小野佳希
2020年06月01日
NTTドコモは、スマートフォン「Xperia1 II SO-51A(エクスペリア ワン マークツー)」と「Galaxy S20+ 5G SC-52A」の発売日を6月18日に決定した。

Xperia1 II SO-51A

取り扱いを発表していたモデルの詳細な発売日が正式決定した形。ドコモオンラインショップでは6月15日から事前購入受付を開始する。

Galaxy S20+

「Xperia 1 II」は、ソニーの新たなフラグシップスマホ。ディスプレイはアスペクト比21対9、サイズ約6.5インチの4K/HDR対応有機EL。SoCにはクアルコムのSnapdragon 865 5G Mobile Platformを採用している。なお5G対応のモデムは、6GHz以下の周波数帯であるSub-6のみをカバーしている。

カメラ機能を高めたことも大きな特徴で、新たにZEISS(ツァイス)レンズを採用したトリプルレンズカメラと3D iToFセンサーを搭載。また同社のデジタル一眼カメラ「α」で培った技術により、世界で初めて、AF/AE追従最高20コマ/秒の高速連写を実現したという。動画では4K/60p動画撮影も可能になった。

さらにオーディオ面でも、3.5mmアナログイヤホン端子を復活させ、ハイレゾ再生が行える。またAmazon Music HDのハイレゾネイティブ再生が行えたり、ドルビーアトモスにも対応、また最新版の「DSEE Ultimate」を搭載する。

なお、ファイルウェブではレビュー記事および開発者インタビュー記事も以前に掲載しているのであわせてご覧頂きたい。

「Galaxy S20+ 5G」は、6.7インチ、画面占有率94%の有機ELディスプレイを搭載。広角、望遠、超広角、ToFの4つのカメラを搭載し、スーパー手振れ補正や8K動画撮影にも対応している。

RAM12GB、ROM128GB、そして4500mAhの大容量電池を搭載。また、次世代のLPDDR5メモリを搭載するほか、ゲーム中もスマホが熱くなりにくいというベイパーチャンバー冷却システムも搭載している。

関連記事