「JN-IPS322UHDR」

JAPANNEXT、4K/HDR対応のIPS-AHVAパネル採用32型モニター。8/22まで特価39,990円

編集部:平山洸太
2019年08月08日
JAPANNEXTは、4K/HDR対応32型ワイド液晶モニター「JN-IPS322UHDR」を8月22日から発売する。価格はオープンだが49,990円前後での実売を想定。なお本日8月8日から22日までの期間は発売記念として39,990円(税込)で特価販売される。

「JN-IPS322UHDR」

4K解像度(3,840×2,160)の非光沢IPS-AHVAパネルを採用。HDR対応により、リアルで鮮やかな映像を演出するとのこと。sRGBを100%カバーし、画数ピッチは約0.18mm(137ppi)で、忠実な色再現と高精細な映像表示も実現する。また画質の低い映像に対し、信号を忠実に復元して解像度を上げる「超解像度技術」を搭載する。視野角は上下左右178度、コントラストは1,000対1、輝度は350カンデラ。

フレッシュレートは60Hz、最大6msの応答速度に対応し、動きの速い映像も滑らかに映し出すことが可能。またAMD freesyncテクノロジーや視認性を高める3種類のゲームモード機能も搭載する。

複数機器からの入力信号を同時表示する「マルチウィンドウ機能」、画面内に子画面を表示する「Picture in Picture」、画面を分割して最大2つの入力ソースを表示する「Picture by Picture」などの表示機能を装備。MHL接続にも対応する。

LEDバックライトの搭載により大幅な省電力を実現し、消費電力は省エネモードで39W(標準49W)。ブルーライト軽減モードや画面のちらつきを抑えるフリッカーフリー設計により、目の負担軽減にも配慮している。

入力端子はHDMI2.0×1、HDMI1.4×2、Displayport、VGAを装備。イヤホン出力端子や3W×2のスピーカーも備える。外形寸法は730W×503H×190Dmm(スタンド付き)、質量は約9.3kg。また付属リモコンによる操作にも対応する。

関連リンク

関連記事