PD/QC対応

RAVPower、約4500円でUSB-C搭載のコンセント充電器一体型モバイルバッテリー

編集部:押野 由宇
2019年07月04日
サンバレージャパンは、RAVPowerブランドのコンセント充電器一体型モバイルバッテリー「RP-PB122」を、本日7月4日よりAmazonにて販売する。市場想定価格は4,500円前後だが、7月7日23:59まで、クーポンコード「PB12MP04」の入力で15%オフ(3,909円)で購入できるキャンペーンが実施されている。

「RP-PB122」

本体にACプラグを搭載し、コンセント充電器としてもモバイルバッテリーとしても使用できるハイブリッドモデル。急速充電規格「USB Power Delivery 3.0(PD3.0)」に対応しており、最大18Wの高出力により、PD対応のiPhoneシリーズなどでは30分で最大50%まで充電できるとしている。

コンセント充電器とモバイルバッテリーの2用途で使える

ハイブリッド型としてはまだ数が少ないUSB-Cを搭載。さらに、「Quick Charge 3.0(QC3.0)」に対応したUSB-Aポートも搭載しており、PD非対応でもQCに対応しているスマートフォンやタブレットなどを急速充電できる。

加えて、独自技術「iSmart 2.0」も搭載しており、接続した端末やケーブルを自動的に判別して適宜最適な出力で充電を実行。これによりPD/QCに非対応のデバイスにも、効率的な充電が行えるとアピールしている。

コンセント充電器機能としては、本体に搭載されたACプラグをコンセントに直接挿すことで本体内蔵のバッテリーに充電を実行。パススルー機能を搭載し、本体をコンセントに挿している際にスマートフォンなどを接続すると、コンセントから直接どちらにも充電できる。なお、USB-Cポートは電力の入出力どちらにも対応しているため、USB充電器などから本体への充電も行える。

入力電圧は100Vから240Vまで対応するグローバル仕様。バッテリーは5000mAhで、一般的なスマートフォンに約1回以上充電することが可能としている

関連リンク

関連記事