2020年春の開始を予定

「楽天ペイ」アプリでSuicaの発行・チャージが可能に。楽天とJR東日本が連携

編集部:小澤麻実
2019年06月05日
楽天傘下の楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、キャッシュレス化の推進に向けて連携。楽天ペイメントが運営するスマホアプリ「楽天ペイ」内でSuicaの発行やチャージができるようになる。2020年春の開始を予定している。

「楽天ペイ」アプリで「Suica」が発行できるほか、楽天ペイアプリに登録している楽天カードから、クレジットカード決済によるSuicaチャージが可能になる。チャージの際は楽天スーパーポイントも貯められる。これにより、楽天ペイアプリだけで交通機関の利用や交通系電子マネー加盟店における支払いができるとアピールされている。ただし定期券やSuicaグリーン券の購入には「モバイルSuica」アプリの利用が必要だ。

「楽天ペイ」アプリ内でのSuica利用イメージ

なお、対象端末は「おサイフケータイ」に対応したAndroid端末のみ。iOSについては「今後検討してまいります」としている。

両社は今後も、キャッシュレスの様々な分野で協業を検討していくという。

関連記事