「日本全国どこでもキャッシュレス」目指す

セブンイレブンで7種類のスマホ決済が利用可能に。7月1日から

編集部:風間雄介
2019年05月21日
セブンイレブンは、スマホ決済サービス7種類を利用可能にすると発表した。サービスのスタート日は7月1日を予定している。

セブンイレブンは全国20,925(2019円4月末現在)の店舗数を持っている。これまで同店は、他社のスマホ決済サービス導入には積極的ではなかったが、今回PayPay、メルペイ、LINE Pay、アリペイ(Alipay)、WeChat Pay(微信支付)の利用を新たに可能にする。

さらに、セブンイレブン独自の「7pay(セブンペイ)」も同日から利用可能になる。

関連記事