2018年製MBPのオーディオ遅延も改善

アップル、macOS 10.14.5アップデート。AirPlay 2対応、令和表記にも対応

編集部:風間雄介
2019年05月14日
アップルは、macOS Mojave 10.14.5アップデートを提供開始した。このアップデートでは、ビデオ、写真、音楽などをMacからAirPlay 2対応のスマートテレビへダイレクトに送信する、AirPlay 2機能を追加した。

また、2018年に販売されたMacBook Proでのオーディオ遅延バグも改善した。

そのほか日付表記では、新元号の令和に対応。これまでは和暦表示にすると「平成31年5月14日」などと表示されていたが、これを改善した。

バグフィックスでは、特定の、非常に大きな「OmniOutliner」「OmniPlan」の書類が適切にレンダリングされない問題も修正している。

関連リンク

関連記事