ニコニコ超会議2019でデモ

ドコモ、“超広視野角”のスマホ用VRゴーグル開発。2種のレンズで没入感高める

編集部:押野 由宇
2019年04月17日
NTTドコモは、スマートフォンを取り付けて使用する超広視野角VRゴーグルを開発したことを発表した。

超広視野角VRゴーグル外観の前面(左)と後面(右)

スマートフォンを取り付けて利用する一般的なVRゴーグルは、視野角が狭く、穴から映像を覗いているように感じられることに対し、本VRゴーグルでは、視野の中心領域ではくっきりと、周辺部分はぼんやりと映像を見るという人間の視野特性を活用し、凸レンズに加えその周りに高倍率の特殊な構造のレンズを配置することで、あたかもその場にいるかのような没入感の高いリアルなVR映像を体験できるとしている。

超広視野角VRゴーグルのレンズ部分

また、VRゴーグルの本体はアクリル樹脂のレンズと筐体で構成されており、軽量かつ安価に製造が可能という。

超広視野角VRゴーグル(左)と従来のVRゴーグル(右)の見え方のイメージ

なお、4月27日(土)から幕張メッセで開催される『ニコニコ超会議2019』の「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」にて本VRゴーグルを出展し、会場内でのデモ体験が予定されている。

関連記事