従来モデルから35%高速化

マイクロソフト、「Surface Studio 2」を1月29日に発売。価格は約45万円から

編集部:平山洸太
2019年01月16日
マイクロソフトは、クリエイター向けのハイエンドモデルとなる一体型パソコン「Surface Studio 2」を1月29日に発売する。価格は性能によって異なり、一般向けでは444,800円から。

「Surface Studio 2」

昨年発表されたが、今回発売日と価格が決定したかたち(関連ニュース)。構成と価格は以下の通り。

CPUGPUメモリSSD参考価格(税抜)
Intel Core i7 7820HQGTX1060 6GB16 GB1 TB444,800円
GTX1070 8GB32 GB1 TB529,800円
GTX1070 8GB32 GB2 TB594,800円


従来モデル(関連ニュース)に比べ35%高速化。またグラフィックメモリーは2倍、グラフィック性能は1.5倍になったという。さらにディスプレイでは明るさが38%、コントラストが22%向上した。

ディスプレイは28インチで、解像度は4,500×3,000(192ppi)。縦横比は3:2となり、10点のマルチタッチに対応する。ディスプレイは個別に色調整が行われており、sRGB、DCI-P3、Vividの色設定を備える。また付属のSurface Penを使用することで、4096段階の筆圧検知、傾き検知に対応する。

外部端子として、USB3.0×4(うち高出力ポート×1)、SDカードリーダー、USB-C×1、3.5mmヘッドホンジャック、ギガビット対応イーサネットポートを備える。Wi-Fiは802.11acに対応し、Bluetooth 4.0も搭載。

外形寸法は637.35W×438.90H×12.50Dmm(ディスプレイ)・250.00W×220.00H×32.20Dmm(ベース)で、質量は最大9.56kg。

関連記事