「Surface Dial」やWin10大型アップデートも

米Microsoft、“4.5K”ディスプレイ搭載のオールインワンPC「Surface Studio」

編集部:小野佳希
2016年10月27日
米Microsoftは、“Surface”の新モデルとして、4Kを超える“4.5K”(4,500×3,000)解像度の28インチディスプレイを搭載したオールインワンデスクトップPC「Surface Studio」を発表した。価格は2,999ドルからで、直販サイトでの予約受付を開始している。

Surface Studio

解像度4,500×3,000、画素密度192ppiで28インチの「PixelSense Display」を搭載。ディスプレイは10点マルチタッチ対応で、アスペクト比は3:2。ディスプレイは可動式で、通常の液晶モニタースタイルのほか、タッチペンでの直接記入を行いやすい“スタジオモード”にもなる。そのほか、Xboxのワイヤレスコントローラーを最大4台まで本機でも利用できる。

OSはWindows 10 Pro。CPUは第6世代(Skylake)のCore iプロセッサーで、ストレージはRapid Hybrid HDD。直販サイトの最も安い2,999ドルのモデルの場合で、1TBストレージ/Core i5-8GB RAM/2GB GPUという構成となる。なお最も高い構成では2TB/Core i7-32GB RAM/4GB GPUで4,199ドルというものも用意されている。

周辺機器として、アプリの切り替えや画面のズームといった各種操作をより直感的に行えるという「Surface Dial」も発表。こちらは99ドルで予約受け付けを開始している。例えば絵を描く作業の際のブラシ効果切り替えや描画色の選択などを、より簡単に行えるようになるという。

Surface Dial

Surface Dialの利用イメージ

そして、2017年の早期にWindows 10の大型アップデート“Windows 10 Creatores Update”を無料で実施することも発表。「ペイント」ツールを3Dモデル描画に対応させたり、VRやARを現実空間と複合させるMixed Reality(MR)に対応させるなどする。

Windows 10 Creatores UpdateでのMR対応においては、HP、Lenovo、ASUS、Dell、Acerが対応VRヘッドセットを2017年中に発売する。また、Windows 10 Creatores UpdateにおいてはWordなどのOfficeアプリで3Dモデルも利用できるようになる。

そのほか、従来のタブレットPCとしての「Surface Book」にも新モデルを発表。第6世代Intel Core iプロセッサーを搭載し、従来機よりもグラフィックパワーを2倍以上に向上させるなどした新モデルの予約を受け付け開始した。価格は1,499ドルから。

関連リンク

関連記事