新ビジョンも同時発表

東芝クライアントソリューション、2019年1月1日付で「Dynabook株式会社」に社名変更

編集部:川田菜月
2018年12月03日
東芝クライアントソリューション(株)は、2019年1月1日付で社名を「Dynabook株式会社」に変更すると発表した。

2019年1月1日付で「Dynabook株式会社」に社名変更

同社は東芝製パソコン事業を担当しており、1985年にラップトップPC「T1100」、1989年にノートPC「DynaBook J-3100 SS001」を発売し、以来パソコン及びシステムソリューション商品の開発から製造・販売、サービスの提供を行ってきた。

2016年4月1日に、現社名「東芝クライアントソリューション株式会社」に社名変更。2018年6月5日にシャープの子会社化が決定、10月1日付で株式取得が実行されている。これにより株主構成はシャープが80.1%、東芝が19.9%となった。

今回、2019年1月1日付で「Dynabook株式会社」に社名変更すると発表。同時に、新ビジョン「コンピューティングとサービスを通じて世界を変える」を制定した。新ビジョンについては、「“ハードウェア(dynabook as a Computing)とサービス(dynabook as a Service)の融合”と、それを支えるテクノロジーの強化、事業のグローバル展開を新方針とし、『人に寄り添う、社会を支える、真のコンピューティング』と『ユーザーを起点に考えた新しい付加価値・サービス』を追求。より快適な社会と生活の提案を行っていく」としている。

なお、代表取締役会長、代表取締役社長兼CEO、本社所在地などの変更はない。

関連記事