転倒すると通報する機能も

Apple Watch向け「watchOS 5.1.1」配信開始。起動しないバグを修正か

編集部:風間雄介
2018年11月06日
アップルは、Apple Watch向けのOS「watchOS 5.1.1」を提供開始。機能改善やバグ修正を行った。

同社は10月31日、「watchOS 5.1」の提供を開始した。その直後から、5.1にアップデートしたらApple Watchが起動しなくなったという報告がネット上に相次いでいた。その問題に対応したとは書かれていないが、これも修正された可能性がある。

watchOS 5.1では、Apple Watch Series 4のみの新機能として、転倒が検出されてから約1分動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへ連絡する機能が加わった。さらに応急手当をする人へ、Apple Watchで転倒が検出されたこと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになった。

関連リンク

関連記事