セキュリティにも配慮

Facebookがスマートディスプレイ参入、名前は「Portal」。Alexa搭載、メッセンジャーなどFb機能と統合

編集部:風間雄介
2018年10月08日
Facebookは、Alexaの音声認識機能を搭載し、Facebookの各機能と連動するスマートディスプレイ「Portal」を発表した。現在予約受付を行っている。記事執筆時点で、米国では11月15日に配送予定となっている。

10.1型ディスプレイのモデルと15.6型ディスプレイモデルの2機種をラインナップ。10.1型モデルは199ドルで、2台セットで買うと100ドルOFFの298ドルで購入できる。また15.6型ディスプレイを備え、画面を縦向きと横向きに変えられる「Portal+」は349ドルで販売する。

10.1型ディスプレイの「Portal」

15.6型ディスプレイで、画面を縦向きと横向きに変えられる「Portal+」

画面の解像度は10.1型モデルが1,200x800、15.6型モデルが1,920x1,080となる。前面カメラはともに12メガピクセル。

音声認識機能にはAmazonのAlexaを搭載。「ヘイ、Portal」と話しかけて使用する。またFacebook Messengerと高度に統合し、スマートフォンやタブレットで通話する際と同様、かんたんにビデオ通話を行うことができる。コンテンツのFacebooへのシェアも行えるほか、Facebook上の写真を表示したり、通知を表示したりすることもできる。

Facebookメッセンジャーとも連動、かんたんにビデオ通話が可能

プライバシーや安全性に配慮したことも特徴。一押しでカメラとマイクをオフにすることができ、もう一回押さないと機能が立ち上がらないようにした。

またAIを使ったスマートカメラ技術の処理は、Facebookのサーバー上ではなく、端末のローカル処理で行う。さらに顔認証技術を用いず、誰が映っているのかPortalが認識することはないという。

さらにFacebookではPortalの音質について、「パワフルなスピーカーを搭載し、部屋中をリッチでハイファイのサウンドで満たす」と説明している。10.1型モデルはフルレンジ×2基で出力は10W、15.6型モデルはトゥイーター×2基と4インチのバスウーファーを備え、出力は20Wとなる。

関連リンク

関連記事