LINEや本体ディスプレイで通知

ソニー「Xperia Hello!」がセコムと連携開始。セキュリティ状態の変更や状態通知も可能に

編集部:成藤正宣
2018年10月01日
ソニーモバイルコミュニケーションズは、同社のコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」とセコム株式会社のセキュリティサービス「セコム・ホームセキュリティ」の連携を本日10月1日より開始する。

Xperia Hello! とセコムのセキュリティサービスが連携を開始

Xperia Hello!は、自宅の様子をLINE経由でメッセージや写真によって知らせる「見守り機能」を搭載しているが、セコムとの提携により、この機能をさらに強化するかたち。

連携によって利用できる具体的な機能としては、音声入力によるセコムのセキュリティ警戒開始/解除操作や、LINEを通じたセキュリティ変更の通知、Xperia Hello!本体液晶へのセキュリティ状態表示などがある。また、帰宅後や就寝前の時間帯にセキュリティ警戒がされていない場合、Xperia Hello!から能動的にセキュリティ操作を促す通知が届くという。

本体ディスプレイへのセキュリティ情報表示や、LINEを通じた遠隔通知などが可能に

同社はXperia Hello!に関して、「愛らしいインターフェイスに加え、音声操作や顔認識などの技術を結集した本機だからこそ実現できる体験を今後も提供していく」と発表している。

関連記事