3モデルをラインナップ

ASUS、144Hz/3msの超狭額液晶を採用した15.6型ゲーミングPC「ROG STRIX SCAR II GL504GS/GM」

編集部:押野 由宇
2018年09月05日
ASUS JAPANは、144Hz/3msの高速液晶と超狭額ベゼルを採用した15.6型フルHD液晶搭載ゲーミングノートPC「ROG STRIX SCAR II GL504GS/GM」を、ASUSオフィシャルオンラインショップとストア、一部量販店にて本日9月5日より予約を開始し、9月7日より順次発売する。

・「GL504GS-I7G1070」¥OPEN(予想実売価格249,500円前後)
・「GL504GM-I7G1060」¥OPEN(予想実売価格209,500円前後)
・「GL504GM-I7H1S1RO」¥OPEN(予想実売価格204,500円前後)

「ROG STRIX SCAR II GL504GS/GM」

シリーズとしてラインナップされるのは3モデル。GL504GS-I7G1070は、最大4.1GHzで駆動する最新第8世代のCPUインテルCore i7-8750Hプロセッサーに、高速なPCI Express 3.0×2接続の256GB SSDと1TB SSHDと、大容量&高速性を兼ね備えたデュアルストレージ仕様で、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載する。

GL504GM-I7G1060は、NVIDIA GeForce GTX 1060を搭載。GL504GM-I7H1S1ROはPCI Express 3.0×2接続のSSD 128GBとSSHD 1TBに、NVIDIA GeForce GTX 1060を搭載、さらにゲーミングマウスROG Strix Impactを標準同梱したモデルとなる。

eSportsを勝ち抜くために設計されたという「ROG STRIX SCAR II」は、144Hz駆動のハイリフレッシュレートと、3msの高速な応答速度により、FPSをはじめとした様々なゲームを快適にプレイできる高性能液晶ディスプレイを搭載。なめらかで残像感が少ないゲーム画面を堪能でき、視界を妨げない超狭額ベゼルとあわせ、圧倒的な没入感を提供すると説明されている。

高い処理能力とグラフィック性能の安定性を高めるための冷却性能として、筐体天板の下方部分を台形にカットしたデザインを採用。背面の通気孔と干渉せず、熱くなった空気の排出を妨げないため、従来の設計よりも放熱効率が向上した。

またパワフルなデュアルファンによる冷却機能は、ASUS独自の「アンチダストトンネル」構造により、長期間の使用でも埃が溜まりにくく、ファン本来の性能を損なわないとする。

キーボードはデスクトップスタイルのキーレイアウトを採用。従来の製品と比べ、浅めのアクチュエーションポイントと62gfの押下圧を採用したROG Overstroke技術により、快適な打鍵感と素早いキー操作を実現し、高い操作性でゲームをプレイできるとする。

そのほか、広い範囲で高速なデータ通信が可能になった高性能なWi-Fi機能を搭載。ROG RangeBoost技術で、計4本のマルチアンテナを使用し、ラグの少ない高速なネットワーク接続を実現するとしている。


関連リンク

関連記事