スポーツアプリは15種類以上を内蔵

Garmin、音楽再生も可能なGPSスマートウォッチ「vivoactive 3 Music」

編集部:押野 由宇
2018年07月12日
ガーミンジャパンは、アクティビティトラッカー「vívoactive3」の最新モデルとなる「vívoactive 3 Music」を7月26日より発売する。予約受付は7月19日から開始。価格は39,630円(税別)。

vivoactive 3 Music

ウォッチをかざすだけで決済ができる「Garmin Pay」機能、マルチスポーツ機能、タッチスクリーンなどの主要機能は踏襲しながら、本モデルではvívoシリーズとして初の音楽機能を搭載した。

音楽データはデバイス内に最大500曲の保存可能。USB経由でPCから音楽や音声コンテンツをデバイスに転送し、Bluetoothイヤホンやスピーカーとペアリングして音楽を聴くことが可能となっている。

新たにデバイス前面をカバーする汚れや指紋が付きにくい特殊強化レンズを採用。高輝度、高解像の「Garmin Chroma Display」で直射日光の下などでも高い視認性を実現したとする。画面はタッチスクリーンで操作が行える。

スポーツアプリはヨガ、有酸素トレーニング、筋トレ、ランニング、スイム、ゴルフなど15種類以上を内蔵。GPS機能との併用に加え、オンライントレーニングアプリ「Garmin Connect」との連動による記録保存などが行える。

駆動時間は時計モード最大7日間、GPSモード最大11時間、GPS+音楽最大5時間。質量は39g。

関連リンク

関連記事