アシスタント音声を選択できる「Onkyo Voice」も

オンキヨー、独自の「Onkyo AI」を搭載したウェアラブルデバイスをCESに参考出展

編集部:小澤貴信
2018年01月09日
オンキヨーグループは、1月9日から米ラスベガスで開催される「CES 2018」にて、 独自のAI「Onkyo AI」に対応した、新開発のAIスマートウェアラブルデバイス「VC-NX01(仮称)」を参考出品する。価格や発売時期、導入地域については現在検討中とのこと。

「VC-NX01」

VC-NX01はネックバンド型のウェアラブルデバイス。本体にスピーカーとマイクを内蔵しており、AIアシスタントとの対話や音楽の試聴を行うことができる。また、音を耳元に集中させる新技術を採用しており、周囲の喧騒音に関わらず、AIアシスタントの音声が聴き取りやすく、音楽も快適に楽しめるという。

利用イメージ

AIについては、2017年1月にグローバルパートナーシップを発表したSound Hound社の対話型音声対応知能「HOUNDIFY」を活用した独自AI「Onkyo AI」を搭載する。

さらにオンキヨーの技術を結集することで、「身につけて話すだけでどこでも快適に音楽再生やAIとの対話を楽しめるスタイルを実現した」という。

アシスタントの音声を選択できる「Onkyo Voice」を搭載。お好みの声のアシスタントへ設定が可能となる。なお、このOnkyo Voiceは、東芝デジタルソリューションズ(株)が提供するコミュニケーションAI「RECAIUS(リカイアス)」の音声合成技術と同社の音声入出力に関する技術を組み合わせて開発された音声アプリケーションとなる。

時間・位置・ユーザー特性を認識して、シーンに合わせたおすすめアプリと自動連動して、さまざまなサービスを提供することも可能になるという。

音声による複数キーワードでの絞り込み検索も可能。質問を繰り返すことで、探し出したい答えに近づくことができる。

Onkyo AIは、今後も機能を追加していく予定とのことだ。

同社は本機について、「音とAIの融合を“身につける”形で実現する、これまでにない新しいタイプのAI対応製品」と紹介している。

関連リンク

関連記事