ソフトウェアアップデートで実施

LG、「isai V30+ LGV35」のカメラ機能を強化。独自人工知能「ThinQ AI」搭載で

編集部:押野 由宇
2018年05月17日
LG エレクトロニクス・ジャパンは、KDDIおよび沖縄セルラー電話より発売された「isai V30+ LGV35」において、独自の人工知能技術「ThinQ AI」へ対応するソフトウェアアップデートを本日5月17日より開始する。

「isai V30+ LGV35」

今回のソフトウェアアップデートによって、カメラに関する機能が改善される。なかでも「AIカメラ」と「Qレンズ」には、人工知能技術「ThinQ AI」機能が搭載されることとなる。

ThinQ AIは同社独自開発の人工知能技術で、日本においては2018年4月から順次発売中の有機ELテレビシリーズと液晶テレビシリーズに搭載されており、声によるネット検索やテレビの操作が可能となる。また、Google アシスタントと連携することにより、写真撮影の操作指示が音声でできるようになる。LG独自の音声コマンド機能により、「LG、AI カメラ起動して」や「LG、AIカメラで写真撮って」といった指示を認識する。

AIカメラでは、フレーム内の被写体をAIが分析し、「人」「ペット」「食べ物」「日の出」「日没」 「風景」「都市」「花」の計8カテゴリーから適したモードを選択して撮影。各モードでは、視野角、色、反射、照明、彩度などを最適化し、被写体の特性を生かして撮影することが可能としている。

AIカメラ

Qレンズは撮影した被写体をカメラが認識し、製品情報や価格、類似画像などをインターネット上で検索できる。「フォトショッピング」機能では、撮影した画像と同じ商品を検索・購入でき、「フォト検索」機能では類似画像を検索することが可能。また「QRコードリーダー」機能では、専用のアプリを別途インストールすることなく、QRコードを読み取ることができる。

Qレンズ

また従来のスマートフォンのカメラがambient light(環境光、周囲の光)を測定して撮影していたのに対し、AI機能のアルゴリズムを使用した「ブライトモード」では、暗い環境でもより明るく撮影することが可能となる。「Sensor Binning」機能により、 標準カメラでの撮影時に、4つの画素をひとつに使うことで受光面積が広がり、従来よりも輝度を 2倍明るくでき、フラッシュがなくてもノイズが少ない、鮮明な写真を撮影することができるとしている。

ブライトモード

ほか、アップデートによりセキュリティ機能を改善。Androidセキュリティパッチを適用し、セキュリティパッチレベルが2018年4月となる。

関連記事