ロゴが表示したままに

Apple Watchが起動しなくなるバグ修正、watchOS 4.3.1提供開始

編集部:風間雄介
2018年05月30日
アップルは、Apple Watch向けのOS「watchOS 4.3.1」を本日提供開始した。

watchOS 4.3.1には、一部のユーザーのあいだで、起動時にApple WatchがAppleロゴを表示したままになる問題の修正が含まれている。

なお前バージョンのwatchOS 4.3.0では、iPhone上で音楽再生を操作する機能の改善、また一部オーディオデバイスでSiriのミュージック操作コマンドが正しく動作しない問題の修正が行われた。さらに、Apple WatchからHomePodの音量調整や音楽再生の操作が可能となった。

その他watchOS 4.3.0では、ナイトスタンドモードが縦横向き両方の利用可能となり、Siriの文字盤でアクティビティリング完成に向けての進捗状況やApple Musicミックスへの新曲追加通知が表示されるようになった。

関連リンク

関連記事