“SNS特化型”の新フラッグシップスマホ

サムスン「Galaxy S9/S9+」発売イベント。トレエン、内田理央が “ムービージェニック” な動画撮影

編集部:川田菜月
2018年05月17日
サムスン電子は、同社スマートフォンの新フラッグシップモデル「Galaxy S9/S9+」の発売記念イベントを本日5月17日に開催した。

サムスンの新フラッグシップモデル「Galaxy S9/S9+」発売記念イベント

Galaxy S9/S9+はサムスン製スマートフォンの新しいフラッグシップモデル(関連ニュース)。「SNSを中心としたビジュアルコミュニケーションを意識した」としており、本製品ではカメラ機能を大幅にアップデートしている。

「Galaxy S9」

「Galaxy S9+」

Galaxy S9/S9+のメインターゲットはSNSを日常的に使いこなしているミレニアル世代。最近は写真だけではなく、タイムラプスや逆再生、スローモーション機能などを使った“ムービージェニック”な動画撮影が人気となっているという。またスマホ選びの基準の一つとして、ムービー機能を挙げるユーザーも増えているとのこと。

そこでGalaxy S9/S9+では、960fpsの「スーパースローモーション」機能を搭載。モーション機能をONにすることでカメラが被写体を自動検知して撮影、約0.2秒の瞬間を約6秒かけて表現できる。手動での撮影も可能で、さらに動画にはBGMをつける事もできる。

イベントでは稲村亜美さんの神スイングを、内田理央さんが手動でスーパースローモーション撮影

スイングの瞬間をバッチリ捉える事ができていた

SNSに特化した点として、スーパースローモーション動画を撮影すると自動で3パターン(リバース/ループ/スイング)のGIFアニメを作成。製品説明に登壇したサムスン電子ジャパン(株)プロダクトグループ・課長 大越 一博氏は、「GIFアニメとすることでファイル容量を抑え、より手軽にSNSへ投稿できる」と語った。

サムスン電子ジャパン(株)プロダクトグループ・課長 大越 一博氏

スーパースローモーション動画撮影時には自動でGIFアニメも作成される

セルフィー撮影をして自分のアバターを作成できる「AR絵文字」機能では、自身の動きとシンクロしてアバターを動かしたり、18種類の動くマイ絵文字スタンプを作る事ができ、LINEやTwitterに投稿できる。アバターにはディズニーのキャラクターも用意されており、順次追加していく予定との事。

セルフィー撮影をして自分のアバターを作成できる「AR絵文字」

内田理央さんの写真から作成されたアバター

カメラ自体は、Galaxy史上最も明るいF値1.5のレンズを搭載した「スーパーローライトカメラ」を採用。周囲の明るさに応じてF値を1.5か2.4に自動変更し、ピントや光量も最適化する「デュアルアパチャー機能」や、12枚の画像を合成することでノイズを低減する「マルチフレームノイズリダクション機能」を搭載。さらに光学ズーム、光学手ぶれ補正機能も備え、ズーム時の画質向上も図っている。

12枚の画像を合成することでノイズを低減

ズーム時の画質向上も図っている

リアルタイム翻訳が可能な「Live Translation」機能では、カメラをかざす事で言語を翻訳して画面にAR表示。通貨も設定することで変換して表示してくれるとのこと。

リアルタイム翻訳が可能な「Live Translation」機能

音質面ではドルビーアトモスに対応、またステレオスピーカーも搭載している。スピーカーはオーディオブランド“AKG”によるチューニングを施し、音量も音質も向上させたという。

合わせて発売されるアクセサリー製品として、置くだけで充電できるワイヤレスチャージャースタンド、モニターと接続することでスマホ画面を表示できる「DeX Pad」も用意。DeX Padではスマホをタッチパッドとして利用可能となり、マウスやキーボードがなくても手軽にPCのように使用できるとしている。

左:DeX Pad、右:ワイヤレスチャージャースタンド

トークセッションでは、女優・モデルの内田理央さん、お笑い芸人のトレンディエンジェル、タレントの稲村亜美さんが登場。会場ではスーパースローモーション動画の披露や、様々な加工技術を使った“ムービージェニック”な動画撮影対決などを行った。

女優・モデルの内田理央さん、お笑い芸人のトレンディエンジェル、タレントの稲村亜美さんが登場

SNSの活用について、内田さんは「SNSはもはや生活の一部。写真を投稿するのも日常的なことだし、ファンや友達とのつながりもSNSを活用していることが多い」とのこと。Galaxy S9/S9+を実際に使ってみて、「本当に動画撮影も簡単で、普段の生活がより楽しくハッピーなものになると思います」とコメントした。

トレンディエンジェルのお二人は「オリジナルのAR絵文字が作れるのも面白い」「今までになかったアプローチで、新たな発見を与えてくれる製品だと思う」とのこと。タレントの稲村亜美さんは、壇上で“神ピッチング&神スイング”を披露。「スーパースローモーション動画で撮影することで「スポーツをやっている姿がもっとかっこよく見えるし、技術向上にも役立ちそうだなと思った」と語った。

トレンディエンジェルの斎藤さんによる赤ちゃんをあやす「神ベロベロバー」撮影も行われた

関連記事