7月29日から

GalaxyのGear VRや最新スマホが体験できる「Galaxy Studio」が東京ミッドタウンで開催

編集部:伊藤 麻衣
2017年07月27日
モバイル製品ブランドGalaxyが5月から日本全国で開催している、同社の最新スマートフォンやVRなどを体験できるアミューズメント施設「Galaxy Studio」(ギャラクシースタジオ)が好評を得ているという。これを受け同社は、7月29日(土)から8月21日(月)までのあいだ、東京ミッドタウンアトリウムでの緊急開催を決定した。入場やアトラクション体験はすべて無料となっている。

「Galaxy Studio 東京ミッドタウン」イメージ

「Galaxy Studio」は、昨年も開催され、累計43万人が来場したという体験型イベント。東京ミッドタウンアトリウム会場では、多くの体験者が熱狂したという「Galaxy Gear S3」と使用した“Fitness 得点バトル”も体験できる。また、プレイスコアがTOP5にランクインしたプレーヤーには「Galaxy Gear S3 frontier」または「Galaxy Gear S3 classic」がプレゼントされる。

Galaxyフィットネスの体験イメージ

スコアTOP5にランクインすると「Galaxy Gear S3 classic」(左)または「Galaxy Gear S3 frontier」(右)がもらえる

さらに、東京ミッドタウンオリジナル企画として、東京ミッドタウン芝生広場にて実施中の「SUMMER LIGHT GARDEN」内に、特設フォトスポット「Galaxy”Photo”Studio」を設置。18時半から20時のあいだ、花火を模したLEDを背景に、暗くても明るく撮れるというカメラ機能を備えた「Galaxy S8/S8+」での写真撮影体験もできる。

その他、オープンを記念して、期間中にGalaxy Studio会場の様子をSNSに投稿した人にオリジナルドリンクを、対象コンテンツを8つ体験した人の中から抽選で250名に東京ミッドタウン内で使える商品券2,000円分のプレゼントが用意されている。

アトラクションなどの主な内容は以下のとおり。

【製品体験エリア】
■インタラクティブテーブル
スマートフォンを「インタラクティブテーブル」に置き、テーブル上に表示された製品の主要機能などをタッチスクリーンで操作しながら、スマートフォンの機能や特長を学ぶことができる。

テーブルがタッチスクリーンになっている

■リキッドキャンバス
セルフィー撮影したGalaxyを水中に入れると、インク画風、油絵風、水彩画風のアートを表示。Galaxyの防水性能などを体感できる。

水中でGalaxyを動かすと写真が表示される

■Galaxyフィットネス
腕時計型ウェアラブルの「Galaxy Gear S3」を装着し、テニスやスイミングをバーチャル体験できる。上述のとおり、スコアを競うこともできる。

■ハンズオンテーブル(製品説明スペース)
新製品の機能について、説明員による詳しい説明を聞くことができる。

■Dex Station 体験(※参考展示)
今春に海外で発売された、「Galaxy S8/S8+」をデスクトップPCのように利用可能にする「DeX Station」を体験できる。なお、DeX Stationの日本での発売は未定で、グローバル製品の展示となり。

Dex Station

使用イメージ

【VRアトラクション体験エリア】
■VR アトラクション「マウンテンバイク」
「Galaxy Gear VR」を装着して、木々の間をすり抜けながらのダウンヒルを360度VRで体験できる。

マウンテンバイク

■VR アトラクション「Gear VR 4D Theater」
4D機材を使用したアトラクション。4人組で座る椅子(4D チェア)を宇宙船に見立て、新しい「Galaxy Gear VR」とコントローラーを使ってシューティングを楽しむ新感覚アトラクション。

Gear VR 4D Theater

■イベントの詳細
会場:東京ミッドタウン アトリウム(東京都港区赤坂9-7-1)
   ※東京メトロ各線 六本木駅 徒歩2分
期間:2017年7月29日(土)〜8月21日(日)
時間:12時〜21時 ※日・祝日は11時〜20時まで
   ※スケジュールは予告無く変更となる場合あり。

Galaxy Studioは今後も、日本全国大阪府・グランフロント大阪で8月19日から、東京都・BANK GALLERYで9月上旬から開催を予定している。

関連記事